佐賀県総合トップへ

新型コロナウイルス感染症に関する記者説明を開催しました(5月21日)

最終更新日:

 

新型コロナウイルス感染症に関する記者説明を開催しました(5月21日)

5月21日(金曜日)に佐賀県健康福祉部健康増進課副課長森屋一雄、企画主幹田中丈晴による新型コロナウィルス感染症に関する記者説明を開催しました。
要約版はこちらからご覧ください。
 

記者説明資料

PDF 2343~2378例目概要 別ウィンドウで開きます(PDF:149.8キロバイト)

記者説明内容

○健康増進課企画主幹
 まず、冒頭で1件ご報告いたします。
 昨日、新型コロナウイルス感染症に感染され、県内の医療機関で入院療養中であった80歳以上の中等症の方が1人お亡くなりになりましたのでお知らせいたします。
 亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げるとともに、遺族の皆様に哀悼の意を表します。
 なお、亡くなられた方の情報はご遺族の確認が取れておりませんので、公表は差し控えさせていただきます。
 次に、佐賀県では、昨日開催いたしました80回目の新型コロナウイルス感染症対策本部会議において、県民の皆様に県境をまたぐ移動は自粛していただき、会食、ショッピング、旅行など、今は県外に行かないでというメッセージをお伝えしたところです。
 また、飲食店の皆様に対しましては、5月10日から要請しておりました営業時間短縮を5月31日まで延長してお願いすることとしております。
 既陽性者関連の感染拡大につきましては、やはりマスクを外す瞬間、具体的には、昼食や喫煙の場面での感染が広がっているケースが確認されております。勤務中など、ふだんはマスクをして注意している一方、昼食や休憩などで場面が切り替わった際にマスクを外し、話が弾むこともあると思いますが、そこに感染リスクが凝縮しております。
 また、誰か一人が感染した場合、それが家庭に持ち込まれ、家族内で感染が広がっている事例もございます。
 このため、県民の皆様におかれましては、一人一人が改めて厳格な感染予防対策を、県外への移動と会食の自粛、スナック、カラオケ喫茶・教室などでのカラオケ利用の自粛、いろんな人が集まる友人同士でのバーベキューの自粛を引き続きお願いしております。
 感染予防対策は、変異株の場合もこれまでと変わりません。3密の回避、マスク着用、手指消毒、換気など、引き続き厳格な感染予防策の徹底をお願いいたします。
 また、発熱などの症状がある方は行動を控えていただき、早目の医療機関への受診をお願いいたします。
 コロナウイルスが変異株に置き換わりつつある中にあって、医療現場に大変な負担がかかっております。どうか県民の皆様におかれましては、大切な人を守るため、そのためにも新規の陽性者を少なくするために、今は我慢をお願いいたます。
 県民の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
 それでは、本日の検査状況についてご報告いたします。
 本日、これまでに36件の陽性を確認しております。
 この内訳は、現時点において、既陽性者関係が25件、新規が11件となっております。
 なお、現時点ではこの中に重症者、自宅療養者はいらっしゃいません。
 続いて、クラスター関連について1つご説明いたします。
 本日、基山町の「セブンイレブン基山長野店」において、感染者集団、いわゆるクラスターを確認いたしました。
 5月10日に公表いたしました1969例目、5月12日に公表いたしました2060例目、5月13日に公表いたしました2098例目及び2099例目に加えまして、本日公表しております2373例目の合計5人の感染が確認されたところです。全て枠内となっております。
 続きまして、県職員の陽性が確認されました。
 10歳代男性・嬉野市在住の県職員は、窓口業務など、広く県民と接する業務の担当ではございません。
 なお、本日、執務室の消毒を終えたところです。
 濃厚接触者や念のための検査につきましては、これから必要な対象者を確認し、実施することとなります。
 本日公表いたしました陽性者の3点セット以外の情報につきましては、明日ご説明いたします。
 新規陽性者につきましては、家族や勤務先など、接触のあった方の調査を進め、念のためを含む検査を行っていきたいと考えておりますので、県民の皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。
 本日の陽性確認者に関する説明は以上となります。
 次に、本日の検査件数についてご報告いたします。
 本日の検査件数は、297件です。
 次に、昨日ご報告いたしました21件につきまして、追加情報をお知らせいたします。
 昨日21件の内訳を既陽性者関係11件、新規10件としておりましたが、その後の調査で2335例目は他県陽性者と接触していたことが、2336例目は、他県陽性者と接触していたことが、2337例目は、2306例目と接触していたことが分かりました。
 これにより、21件の内訳を既陽性者関係14件、新規7件に変更させていただきます。
 また、昨日公表いたしました3点セットについて、その後の調査で2338例目の年齢が60歳代ではなく、50歳代であることが分かりましたので、訂正させていただきます。
 昨日までに判明いたしました21件の追加情報は以上のとおりです。
 最後に、現時点での病床使用率などについてご報告いたします。
 病床使用数は、病床全体の確保数365床に対し、病床使用数は162で、病床使用率は44.4%、ホテルは最大確保数354床に対して、使用数は121で、ホテル使用率は34.2%、病床全体のうち重症者用は、最大確保数48床に対して、使用数は5で、重症の病床使用率は10.4%。なお、重症者の方は5名、中等症の方は93名となっております。
 新規陽性者にかかる接触者につきましては、これまで同様、精力的に調査を進めており、今後とも緊張感を持って一つ一つ丁寧に事例を追っていきます。
 
 

県民の皆様へ

 新型コロナウィルス感染症に感染された方やその御家族、濃厚接触者に対して、不当な差別や偏見があっています。
 佐賀県は慈しみ合う県です。感染された方、その御家族、濃厚接触者などに対する情報の詮索、不当な差別、偏見、いじめというのが決してないようにお願いします。

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:80544)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.