佐賀県総合トップへ

新型コロナウイルス感染症に関する記者説明を開催しました(5月19日)

最終更新日:
 

新型コロナウイルス感染症に関する記者説明を開催しました(5月19日)

5月19日(水曜日)に佐賀県健康福祉部健康増進課企画主幹田中丈晴、副課長森屋一雄による新型コロナウィルス感染症に関する記者説明を開催しました。
  • 要約版はこちらからご覧ください。
  •   

記者説明資料

PDF 2254-2279例目概要(詳細版) 別ウィンドウで開きます(PDF:413.9キロバイト)

PDF 2280-2321例目概要 別ウィンドウで開きます(PDF:153.1キロバイト)

 

 

記者説明内容

○健康増進課企画主幹
 初めに、先ほどの臨時記者会見で、山口知事が新型コロナウイルス感染症の陽性者を少なくするためには徹底的に新規の陽性者を減らすことが重要であること。また、既陽性者からの感染が広がっており、家族だけでなく、同僚の方への感染が増えていること。この2点をお伝えいたしました。このため、まずは新規の陽性者を押さえ込む取組として、本日の九州地方知事会で県境をまたぐ移動の自粛をお互いに確認されたところでございます。
 また、既陽性者関連の感染拡大については、やはりマスクを外す瞬間、具体的には昼食や喫煙の場面での感染が広がっているケースが確認されております。勤務中など、ふだんマスクをして注意している一方で、昼食や休憩などで場面が切り替わった際に、マスクを外し、話が弾むこともあると思いますが、そこに感染リスクが凝縮しております。
 このため、改めての呼びかけとなりますが、県民の皆様におかれましては、一人一人が改めて厳格な感染予防対策を、県外への移動と会食の自粛、スナック、カラオケ喫茶・教室などでのカラオケ利用の自粛、いろんな人が集まる友人同士でのバーベキューの自粛を引き続きお願いしたいと思います。
 感染予防対策は、変異株の場合もこれまでと変わりません。3密の回避、マスク着用、手指消毒、換気など、引き続き厳格な感染予防策の徹底をお願いいたします。
 また、発熱などの症状がある方は行動を控えていただき、早めの医療機関への受診をお願いいたします。
 コロナウイルスが変異株に置き換わりつつある中にあって、医療現場に大変な負担がかかっております。どうか県民の皆様におかれましては、大切な人を守るため、繰り返しになりますが、そのためにも新規の陽性者を少なくするために、今は我慢をお願いいたします。
 県民の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
 それでは、本日の検査状況についてご報告いたします。
 本日、これまでに42件の陽性を確認しております。
 この内訳は、現時点において、既陽性者関係が33件、新規が9件となっております。
 なお、現時点ではこの中に重症者、自宅療養者はいらっしゃいません。
 続いて、クラスター関連について2つご説明いたします。
 1つ目として、昨日、佐賀市の認定こども園「愛の泉こどもの園」で感染者集団、いわゆるクラスターを確認いたしました。
 「愛の泉こどもの園」の全体像は、職員である2253例目、2287例目、2288例目、2289例目、2292例目、2293例目で、枠内が6名となっております。
 また、2290例目と2291例目のいずれも枠外である2人を加えまして、全体といたしましては、合計で8人となっております。
 2つ目は鳥栖市のグループホーム「めぐみ」関連で1件です。
 2303例目は枠内です。
 本日公表いたしました陽性者の3点セット以外の情報につきましては、明日ご説明いたします。
 新規陽性者につきましては、家族や勤務先など、接触のあった方の調査を進め、念のためを含む検査を行っていきたいと考えております。県民の皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。
 本日の陽性確認者に関する説明は以上となります。
 次に、本日の検査件数についてご報告いたします。
 本日の検査件数は379件です。
 次に、昨日ご報告いたしました26件について、追加情報をお知らせいたします。
 まず、概要について変更はございません。
 次に、クラスター関連について、昨日からの変更はございませんが、1つ説明いたします。
 鳥栖市の麓刑務所関連で2件です。
 2267例目及び2268例目は枠内です。
 また、これまでの枠内3人、2173例目、2174例目、2175例目を合わせて合計5人となっております。
 昨日までに判明いたしました26件の追加情報は以上のとおりです。
 最後に、現時点での病床使用率などについてご報告いたします。
 病床使用数は、病床全体の確保数365床に対し、病床使用数は172で、病床使用率は47.1%、また、ホテルは最大確保数354床に対して、使用数は134で、ホテル使用率は37.9%。
 病床全体のうち重症者用は、最大確保数48床に対して、使用数は8で、重症の病床使用率は16.7%。
 なお、重症者の方は8名、中等症の方は89名となっております。
 新規陽性者に係る接触者につきましては、これまで同様、精力的に調査を進めており、今後とも緊張感を持って、一つ一つ丁寧に事例を追っていきます。
 私からの事例の追加報告などは以上となります。
○森屋健康増進課副課長
 続きまして、変異株のゲノム解析結果についてご報告します。
 変異株関連について2件、ゲノム解析結果と、新たに変異株の疑いの確認について報告いたします。
 昨日、これまでの県内の変異株、検査陽性事例について国立感染症研究所のゲノム解析の結果、5月18日に87件の報告がありました。県内変異株の検査要請事例87件中、73例が英国型、14例が解析不能でした。
 今回、この変異株のゲノムが確定した73件中で、今までのクラスター関連としては「ラブリン」のクラスター関連が4件、佐賀大学運動系サークル関連が3件、「隠家」クラスター関連が1件、スナック「美笑」クラスター関連が4件となっています。
 次に、新たに変異株の確認について報告します。
 5月9日から5月15日に確認された新型コロナウイルス陽性例で、クラスター関連や特に感染のつながりの高い集団等の代表的な陽性検体について10例をセレクトして実施したところ、今回検査が可能であった10例中、10例とも変異株陽性が確認されました。これは100%になります。
 この結果からも、前回から繰り返し言っておりますが、県内で確認される新型コロナウイルスは、ほぼ変異株に置き換わっている状況と認識しております。
 変異株においても、感染予防対策はこれまでと変わらないので、厳密な予防対策の徹底をお願いしたいと思います。
 私からは以上です。

 

 

県民の皆様へ

 新型コロナウィルス感染症に感染された方やその御家族、濃厚接触者に対して、不当な差別や偏見があっています。
 佐賀県は慈しみ合う県です。感染された方、その御家族、濃厚接触者などに対する情報の詮索、不当な差別、偏見、いじめというのが決してないようにお願いします。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:80487)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.