佐賀県総合トップへ

新型コロナウィルス感染症に関する記者レクを開催しました(5月2日)

最終更新日:
 

新型コロナウィルス感染症に関する記者レクを開催しました(5月2日)

5月2日(日曜日)に佐賀県健康福祉部長甲斐直美、健康福祉部医療統括監(注1)野田広及び健康福祉部副部長杉谷直幹による新型コロナウィルス感染症に関する記者レクを開催しました。
(注1)県の医療行政を統括する専門職の医師

要約版はこちらからご覧ください。

 

記者レク資料

記者レク内容

○健康福祉部長
 初めに、私のほうから県内の感染状況を踏まえて、県民の皆様へお願いがございますので、発言をさせていただきます。
 県では、感染事例の一つ一つを丹念に追って、調査、検査を行っております。それぞれつながりを追っている中で、小さいグループを含めて現在16個ぐらいのグループを追いかけているところでございます。
 これまで追っているケースを見ますと、県外での行動や会食が起点となって県内での感染が広がった事例が多くあります。知事から、対策本部会議やビデオメッセージで県外への不要不急の往来、県外での会食の自粛を呼びかけています。県民の皆様には、ぜひこのことを改めてお願いをしたいと思います。新しいグループ、新規が増えていくと追っていくのが大変厳しくなります。
 また、変異株の影響か、現在、中等症の方が67名と多くなっておりまして、昨年度にない高い割合で推移をしています。医療現場の皆様に今、大変ご負担がかかっている状況です。
 県外との不要不急の往来、県外での会食の自粛、今はぜひよろしくお願いしたいと思います。今まさにゴールデンウィークですけれども、県外との往来は控えていただきたい、連休は分かれ目になります。今は、我慢をお願いしたいと思います。
○杉谷健康福祉副部長
 本日の検査状況についてご報告いたします。
 本日、これまでに29件の陽性を確認いたしております。この内訳は、現時点におきまして、既陽性者関係が21件、新規が8件となっております。
 なお、この中に重症者及び自宅療養者はいらっしゃいません。
 まず、クラスター関係について2つご報告をいたします。
 まず、介護付き有料老人ホーム「百楽仙」についてですけれども、2件ございます。
 いずれも入所者の方で枠内ということでございます。これによりまして、「百楽仙」のクラスターは全部で7人で、全て枠内ということでございます。
 それと、2つ目でございますけれども、昨夜新しく佐賀市の有料老人ホーム「ほうむ大願寺」でクラスターを確認しております。
 4月29日に公表しておりました方の関連として、その後の調査におきまして、本日公表するうちの4人の方の感染が確認されたところでございます。有料老人ホーム「ほうむ大願寺」の全体像でございますけれども、職員の方、それと、本日公表分の入所者4人で、全て枠内で、合計5人ということでございます。
 なお、本日公表しました陽性者の3点セット以外の情報につきましては、明日説明をさせていただきます。
 新規陽性者につきましては、ご家族や勤務先など、接触のあった方の調査を進め、佐賀方式による念のためを含む検査を行ってまいりたいと思っております。県民の皆様のご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。
 本日の陽性確認に関する説明は以上でございます。
 続きまして、本日の検査件数は227件でございます。
 続きまして、昨日公表しておりました26件について追加情報をお知らせいたします。
 概要についてですけれども、内訳として既陽性者関係が14件、新規が12件でございます。なお、この中に重症者の方はいらっしゃいません。自宅療養者の方が1人いらっしゃいます。自宅療養者の方につきましては、無症状の園児ということでございますけれども、そういう状況等から自宅での療養もやむを得ないと判断をしたところでございます。
 それでは追加情報についてお知らせをいたします。
 まず、クラスター関係についての説明でございます。
 肥前精神医療センターの関連で、件数は3件でございます。内容は昨日と変更ございませんけれども、改めてご説明いたします。
 3名の方は、いずれも入院中の方で枠内ということでございます。これによりまして、肥前精神医療センターのクラスター関連は全部で11名、うち枠内が9名で枠外が2人となっているところでございます。
 続きまして、既陽性者関連についてご説明いたします。
 まず、1605例目は、1596例目の関連です。
 1607例目は、1432例目の関連です。
 1610例、それと1611例目、1621例目の方は、いずれも入院中の方でございます。
 1612例目は、1554例目の関連です。
 1613例目の方は、1414例目の関連です。
 1614例目は、1571例目の関連です。
 1620例目は、1481例目の関連です。
 1630例目は、1385例目の関連です。
 また、1615例目、1619例目、1622例目は福岡県、1618例目は熊本県の陽性者の関連でございます。
 以上、14件が既陽性者関連で、それ以外の12件は新規となっております。
 昨日までに判明しました26件の追加情報は以上のとおりでございます。
 続きまして、現時点での病床使用率などについてご報告をいたします。
 病床使用数は、病床全体の確保数363床に対して、病床使用数は114で、病床使用率は31.4%、ホテルは最大確保数354に対して、使用数は81で、ホテル使用率は22.9%、病床全体のうち重症者用は最大確保数48床に対して、使用数は2、重症の病床使用率は4.2%、なお、重症者の方は2名、中等症の方は67名でございます。
 新規陽性者に係ります接触者につきましては、これまで同様、精力的に調査を進めておりまして、今後とも緊張感を持って一つ一つ丁寧に事例を追っていきたいと考えております。
 県民の皆さんにあられましては、「うつらない・うつさない」ということで、これまで同様にマスクの着用、手指消毒、換気などの徹底に心がけていただきたいと考えております。

  

県民の皆様へ

 新型コロナウィルス感染症に感染された方やその御家族、濃厚接触者に対して、不当な差別や偏見があっています。
 佐賀県は慈しみ合う県です。感染された方、その御家族、濃厚接触者などに対する情報の詮索、不当な差別、偏見、いじめというのが決してないようにお願いします。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:80313)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.