佐賀県総合トップへ

山田のひまわりとハゼノキ景観

最終更新日:
 

第2020-2号 山田のひまわりとハゼノキ景観

 

概要

 遺産にまつわる物語

 

 山田区は本町最北部の中山間地域であり、清らかな寒水川の流れ、豊かな水田、秋に鮮やかに色づくハゼ山といった里山景観を地区で守り育んできた。休耕田となった棚田の風景を守っていくため、平成13年にひまわり園を開設し、「秋に咲くひまわり」として、徐々に観光客を増やしている。園から望める鷹取山は、秋にはハゼの紅葉で彩られる。みやき町の中部から北部の丘陵地帯は、江戸時代より佐賀藩の奨励によりハゼが多く植栽され、櫨蝋は佐賀藩の大きな財政基盤になった。赤く色づくはハゼノキの風景はみやき町を象徴する景観である。

 

 地区の特徴

 

 山田区は脊振山系東南部に属する中山間地域であり、みやき町の最北部に位置する。最高峰の石谷山(754m)を中心に、県境伝いに九千部山(847m)に連なっており、南南東に向かって直線状の谷が開け、中央を寒水川が流下している。主に花崗岩類(深成岩)から構成され、山際には山腹斜面から運ばれた扇状地堆積物により形成された緩斜面が広がり、棚田や集落がみられる。寒水川のせせらぎと共に、ひまわり園から水田を挟んでハゼ山を望む眺望は、同区の代表的なビュースポットとなっている。

 

 保存や活用の取り組み

 

 棚田のひまわり園は、地域住民で組織する任意団体「山田のひまわり園」が管理・運営している。秋の開園期間には、同団体を中心に運営し、みやき町観光協会も支援している。町においても町を代表する観光スポットであることからハード整備などを支援している。ハゼ山については、住民団体「みやき町はぜ保存協会」が中心となり、下草刈りなどの環境整備を行っている。


ひまわり園      ハゼ山

 

アクセス

山田のひまわりとハゼノキ景観(やまだのひまわりとはぜのきけいかん)

(住所)みやき町簑原4819

 

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:78528)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.