佐賀県総合トップへ

名護屋城博物館の展示内容について

最終更新日:
 

ご意見

名護屋城博物館の常設展示の「朝鮮出兵の際に敗退は重ねて撤退した」、「強制連行を行った」という表現は、適切なものとは思えないので、改善してほしい。

 

担当課の回答

名護屋城博物館は、国の特別史跡である「名護屋城跡並びに陣跡」の保存整備事業の中核を担うとともに、文禄・慶長の役を中心として日本列島と朝鮮半島との交流の歴史を展示・紹介し、今後の友好・交流の推進拠点となることを目指して、平成5年に開館しました。

常設展示の個々の表現につきましては、日本の歴史教科書や歴史事典の記述を参考にするとともに、必要に応じて有識者の意見をうかがいながら決定しております。また、歴史研究の進展等による見直しも随時行っているところです。

 

歴史の見方・捉え方につきましては、個人によって様々な違いがあり、様々な御意見もあることは承知しておりますが、日本・韓国いずれの歴史観にも偏ることなく、日本の教科書や代表的な歴史事典の記述なども参考にしながら、歴史的事実の紹介を行っておりますので、問題はないものと考えております。

いただきました御意見も参考にしながら、今後とも、日韓交流史に係る調査研究を進めるとともに、最新の研究動向にも注視しつつ展示紹介を行ってまいります。

  

ご意見の担当課

地域交流部文化・スポーツ交流局 名護屋城博物館

TEL:0955-82-4905

E-mail:nagoyajouhakubutsukan@pref.saga.lg.jp

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:77323)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.