佐賀県総合トップへ

第42回「全日本中学生水の作文コンクール」で佐賀県から入選しました

最終更新日:

記者発表ヘッダー


 令和2年10月1日

河川砂防課 城原川ダム等対策室

担当者 森永、大隈

直通 0952-25-7183

【E-mail】kasensabou@pref.saga.lg.jp

 

第42回「全日本中学生水の作文コンクール」で佐賀県から入選しました

 健全な水循環や水資源開発の重要性について国民の理解と関心を深めるため、8月1日を「水の日」、この日から1週間を「水の週間」とすることが国において定められています。この「水の日」及び「水の週間」行事の一環として、中学生を対象に水に関する作文のコンクールが開催され、優秀な作品の表彰が行われています。

 今回「第42回全日本中学生水の作文コンクール」において、下記のとおり本県中学生1名が入選しました。 

 なお、例年、受賞発表は「水の日」の前に行われていましたが、今年度は新型コロナウィルスの感染防止のため全国的に中学校が休校となった関係で、中央審査の締切や審査の延長があったため、この時期となったものです。

 

                       記

 

1 中央審査入選作品

 「ふるさとの海」

  唐津市立海青中学校   3年  松永 梨奈(まつなが りな)

   ※作品は別紙のとおり 

   ※昨年度応募。学年は現在(進級後)のもの(以下同様)  

   ※中央審査受賞作を含む4編を県内各所で展示します。

 

2 表彰

  上記入選者については、海青中学校において表彰が行われます。

   日時 令和2年10月7日(水曜日)午後3時~  

   場所 海青中学校校長室(唐津市鎮西町横竹838-9) 

【参考】第42回全日本中学生水の作文コンクール

(1)概要

 ・テーマ  水について考える(題名は自由) 

 ・応募資格 中学生

 ・原稿   400字詰原稿用紙4枚以内で日本語で表記されたもの 

 ・主催   水循環政策本部、国土交通省、都道府県

 

(2)中央審査(令和2年9月) 

 ・全国の応募状況         9,444編、319校 

 ・うち都道府県の審査を経て選出等 180編 

 ・審査結果            最優秀賞1編、優秀賞8編、入選33編

  ※入賞一覧は別紙のとおり

 

(3)佐賀県審査(令和2年2月)

 ・佐賀県の応募状況 481編、20校

 ・審査結果     優秀賞4編、入選5編 

  ※県審査による優秀賞4編を中央審査に提出していたものです。

 

(4)作品展示

  中央審査受賞作を含む佐賀県審査で優秀賞を受賞した4編を県内各所で展示します。

 ・展示場所と展示期間

 

展示場所

展示期間

唐津市役所1階ロビー

唐津市西城内1-1

10月2日(金曜日)から10月14日(水曜日)

さが水ものがたり館

佐賀市大和町大字尼寺3247

10月3日(土曜日)から11月3日(火曜日)

ダムの駅富士しゃくなげの里

佐賀市富士町大字畑瀬1-31

10月3日(土曜日)から11月3日(火曜日)

佐賀東部水道企業団

佐賀市兵庫町大字西渕1960-4

10月5日(月曜日)から11月2日(月曜日)

イオンモール佐賀大和

佐賀市大和町大字尼寺3535

11月12日(木曜日)から11月18日(水曜日)※最終日は午後5時まで

・展示作品

作文の題名

学校名

学年

氏名

ふるさとの海

唐津市立

海青中学校

3

松永 梨奈

(まつなが りな)

世界の水

佐賀大学教育学部

附属中学校

2

眞﨑 明里

(まさき あかり)

牛乳一パック分から

佐賀大学教育学部

附属中学校

2

御厨 彩貴

(みくりや さき)

ずっと安全な水が使えるように

佐賀大学教育学部

附属中学校

2

吉武 優杏

(よしたけ ゆあ)

 

添付資料



 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:77164)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.