佐賀県総合トップへ

第17回「日本の次世代リーダー養成塾」塾生が卒塾の報告に山口知事を訪問します

最終更新日:

記者発表ヘッダー


 令和2年9月23日

こども未来課 子ども・若者育成支援担当

担当者 原田、山田

内線 1585  直通 0952-25-7350

【E-mail】kodomomirai@pref.saga.lg.jp

 

第17回「日本の次世代リーダー養成塾」塾生が卒塾の報告に山口知事を訪問します

 全国の高校生を対象とした、第17回「日本の次世代リーダー養成塾」が、8月8日(土曜日)から9月22日(火曜日)の間の13日間で、オンラインにより開催されました。

 佐賀県からの参加者(塾生)が、下記のとおり山口知事に卒塾の報告を行います。

 

 

1 日時      令和2年9月25日(金曜日)16時~16時30分

2 場所      県庁旧館2階 県庁CLASS

3 出席者  〔塾生〕県推薦枠21名(男9名、女12名) 

 

第17回日本の次世代リーダー養成塾の概要

1 日本の次世代リーダー養成塾とは

 日本の将来を担うリーダー養成を目的に、地方公共団体(福岡県・静岡県・岐阜県や佐賀県等9道県2市)と経済界が連携した教育モデルケースとして2004年に開塾

  ・塾長:中西宏明/一般社団法人 日本経済団体連合会 会長

2 開催日程

 <オンライン講座>

  令和2年8月8日(土曜日)~12日(水曜日)、23日(日曜日)、30日(日曜日)、9月6日(日曜日)、13日(日曜日) 計9日間

 <オンライン発表会等>

  令和2年9月19日(土曜日)~22日(火曜日)

3 塾生

 対象:高校生(1年生~3年生)

 人数:174名(21都道府県)

   参画道県:北海道、青森、岩手、静岡、岐阜、和歌山、愛媛、福岡、佐賀

   参画市:宗像市、うるま市

4 今回の特徴

 ・新型コロナウイルス感染拡大を受けて、オンライン講座で実施

  ※例年は、グローバルアリーナ(福岡県宗像市)及び波戸岬少年自然の家を会場に、13泊14日の合宿形式で実施

 ・マレーシアのマハティール前首相、明石康元国連事務次長、元厚労省事務次官の村木厚子津田塾大学客員教授、田口一成株式会社ボーダレス・ジャパン代表取締役社長ら21人が講師として講義

 ・塾生同士で議論し、政策を打ち出す「アジア・ハイスクール・サミット」では、「ウィズ・コロナからポスト・コロナへ社会をどう変革していくか~高校生からの提案」と題して討議

 ・マレーシア次世代リーダー養成塾(MFLS)の卒塾生や「アジア高校生架け橋プロジェクト」の留学生とのディスカッションを実施

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:77044)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.