佐賀県総合トップへ

窓やベランダからの子どもの転落事故に注意!

最終更新日:
 

網戸に補助錠を付ける、ベランダに台になる物を置かないなどの対策を

 消費者庁の分析によると、窓を開けたり、ベランダに出る機会が増えたりする夏頃から転落事故が増加、子どもの中でも3~4歳の転落事故が最も多い、2階からの転落でも入院が必要な中等症と診断されている事例が多いということが分かりました。

 

 【事故を防止するためのアドバイス】

 

  窓やベランダ周辺の環境づくり

 ・窓やベランダの手すり付近に足場になるようなものを置かないようにしましょう。特に、エアコンの室外機の置き場所は工夫しましょう。

 ・窓、網戸、ベランダの手すりなどに劣化がないかを定期的に点検しましょう。

 ・子どもが勝手に窓を開けないよう、窓や網戸には、子どもの手の届かない位置に補助錠を付けましょう。


    子どもの見守り・教育

 ・子どもだけを家に残して外出しないようにしましょう。
 ・窓を開けた部屋やベランダでは子どもだけで遊ばせないようにしましょう。
 ・窓枠や出窓に座って遊んだり、窓や網戸に寄りかかったりさせないようにしましょう。

 

★子どもから一瞬たりとも目を離さないことはできず、限界があります。子どもの見守りと合わせて転落事故が起こらない環境づくりを行いましょう!

 

 詳細はPDF 消費者庁公開資料 別ウィンドウで開きます(PDF:656キロバイト)をご覧ください。



 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:76849)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.