佐賀県総合トップへ

令和2年度新たなまちづくりチャレンジ支援事業費補助金(第1回審査会)採択結果について

最終更新日:

令和2年7月7日(火曜日)から7月31日(金曜日)までに応募のあった本補助金の企画提案について、第1回企画審査会を開催し、採択事業を決定いたしました。採択事業については下記のとおりです。

 

団体名

事業名

企画提案

佐賀市白山名店街協同組合

さが銀天夜市ヒストリー&魅力発信事業

今夏は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため「さが銀天夜市」の中止を余儀なくされたことから、イベントではなくオンラインでの情報発信を行うことで銀天夜市並びに商店街の魅力を伝えることにチャレンジする。

・さが銀天夜市ヒストリー情報発信

・店舗の強み・魅力情報発信

・トリック3Dアートの展示

・視聴者プレゼント

エッジ国際美容専門学校ほか4事業者

佐賀市中心市街地 花と光いっぱいプロジェクト

SAGAライトファンタジーの期間中、季節の花を使った「花の広場」を創る。昼は花で楽しめ、夜はライトアップで楽しめる「光と花の広場」を整備し、通常のライトファンタジーとは趣向を変えた演出を行うことで、まちなかへの人の賑わいを創出する。集客の分散という新しい視点から、事業に取組む。

・シンボルロードに「花と光のひろば」出現!(唐人町屋台跡)

・お花でまちなかクーポン(いい夫婦の日にコサージュをつけたカップルや夫婦が、対象飲食店で特典を受けられるサービスの実施)

唐人町商店街振興組合

唐人町で新しい生活様式を考える

・「唐人酒場」

唐人町東線にテーブルを並べ、日本酒を楽しんでもらうイベント。500円のチケットを購入し、オリジナルのお猪口を1つもらい、最大お猪口5杯の日本酒を楽しめる。例年より実施会場を広げ、食事の注文をデリバリーとすることで三密を避ける。

・街なか唐人美術館

唐人町通の街路灯に月替わりでフラッグを設置

(株)M.O.L.Eほか5事業者

白山フレンドパーク(仮)

感染防止対策として三密対策を前提として、エスプラッツ外苑にオープンテラスの席を設け、エスプラッツを中心とした野外のフードコートを創る試み。

・テラス席近辺にドリンクブースを設置

・食事は周辺に位置する飲食店よりテイクアウト、デリバリーを行う(食事注文にモバイルオーダーも活用)

・学生や子供たちを中心とした「活動発表の場」や「体験教室」を設ける

野口商店ほか6事業者

お祭り屋台ドライブスルーin唐津

多くのお祭りが中止となってしまった中、お祭りの気分を味わってもらうため、感染症対策を考慮した形で、毎週末ドライブスルー形式で屋台を楽しんでもらう「お祭り屋台ドライブスルー」を開催。

ドライブスルー形式での販売と並行して、現地でお祭り気分を味わいながら屋台の商品を食べることができるよう、新たに芝生の広場にテーブルや椅子を設置する。

Let’s go Teppeiほか6事業者

さが青空はしご

日曜日の昼間に愛敬の道路を歩行者天国にして道路に面している店が軒先にテーブルを出してオープンテラスで営業を行う。

また、駐車場を確保し、近隣の店が屋台を出して青空のもと三密を避けて家族で食事を楽しんでもらう。

  

なお、本補助金については、2回目の企画提案の締切を令和2年8月31日(月曜日)としており、9月下旬に第2回企画審査会を実施する予定です。

 本補助金の詳細についてはこちら(補助金リンク)別ウィンドウで開きますをご覧ください。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:76561)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.