佐賀県総合トップへ

佐賀の子どもたちが開発した商品を販売します

最終更新日:

記者発表ヘッダー


 令和2年8月4日

<子どもたちの体験活動「志taiken」支援事業補助金について>

こども未来課 子ども・若者育成支援担当

担当者 山田

内線 1585 直通 0952-25-7350

【E-mail】kodomomirai@pref.saga.lg.jp

<佐賀さいこう!企画甲子園について>

さが 創生推進課 自発の地域づくり担当

担当者 織田

内線 2554 直通 0952-25-7505

【E-mail】sagasousei@pref.saga.lg.jp

 

佐賀の子どもたちが開発した商品を販売します

 県では、将来社会に出て地域で活躍できる子どもの育成を推進するため、子どもたちの「志」(ふるさと佐賀への誇りや愛着を持ち、未来を自ら切り拓く力)を育む体験活動を実施する団体等の支援や、佐賀の魅力を新たに発見・再確認する機会として、高校生がその魅力を活かした企画で競い合う企画コンテストを実施しています。

 この度、補助金等を活用して佐賀の子どもたちが開発した商品を、子どもたちが下記のとおり販売します。

 

 

1 販売日時  令和2年8月6日(木曜日)11時~14時

            8月7日(金曜日)11時~14時

 

2 場所    佐賀県庁地下1階 SAGA CHIKA(佐賀市城内1-1-59)

 

3 内容

  佐賀の子どもたちが佐賀をPRするために開発した商品の販売

  ・「梅恋」:小城の梅と佐賀の生乳を使用したSAGAアイス。甘みのある青梅味と酸味がありさっぱりした赤梅味の2種類。竹下製菓協力。

  ・「ようかんギョーザ」:小城羊羹とバターを餃子の皮で包み焼いたもの。甘じょっぱさがくせになる。

                                        梅ジュレ添えアイスと一緒に食べるとまた別の味わいが楽しめる。

・「小城中羊羹セット」:小城中学生が考えた新しい羊羹の楽しみ方。クリームチーズクラッカー、焼きマシュマロビスケットのセット。

 (以上、子どもたちの体験活動「()taiken(たいけん)」支援事業補助金活用)

  ・「さがんルビージュース」:国産初のグレープフルーツ「さがんルビー」使用。高校生が考案。ソーダと紅茶の2種類。

(第3回佐賀さいこう!企画甲子園 プレゼン企画)

 

4 実施団体  特定非営利活動法人 鳳雛塾(ほうすうじゅく)

         佐賀市本庄町大字本庄1 

         オプティム・ヘッドクォータービル2階

         TEL:0952-20-3611

※新型コロナウイルス感染予防のため、マスク着用にご協力をお願いします。

※事業内容の詳細については、特定非営利活動法人鳳雛塾にお問い合わせください。

 

添付資料

このページに関する
お問い合わせは
(ID:76291)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.