佐賀県総合トップへ

新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」における熱中症予防について

最終更新日:

近年、熱中症による健康被害が数多く報告されており、気温の高い日が続くこれからの時期に備え、国民一人ひとりに対して熱中症予防の普及啓発・注意喚起を行う等、対策に万全を期すことが重要です。

今年度は更に、令和2年5月4日の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議において「新型コロナウイルスを想定した『新しい生活様式』」が示されました。

新型コロナウイルスの出現に伴い、今後は、一人ひとりが感染防止の3つの基本である(1)身体的距離の確保、(2)マスクの着用、(3)手洗いや、「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等の対策をこれまで以上に取り入れた生活様式を実践することが求められています。

また、熱中症により救急搬送者や医療機関を受診する方が増加した場合、新型コロナウイルス感染症の対応を行っている医療機関に負荷がかかってしまうことが考えられるため、熱中症予防を一層徹底する必要があります。

このように、今夏は、これまでとは異なる生活環境下であることから、例年以上に熱中症に気をつけることが重要です。

十分な感染症予防を行いながら、熱中症予防をこれまで以上に心掛けていただきますようお願いします。

具体的な行動のポイントなど、詳しくは以下の別紙1~3をご参照ください。

 

 

 

また、県では県民の皆様の熱中症予防に関する意識の向上と発生予防のため、令和2年10月1日(水曜日)まで県ホームページ(以下リンク先)で熱中症関連情報を提供していますので、あわせてぜひご覧ください。

熱中症にご注意ください

このページに関する
お問い合わせは
(ID:74693)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.