佐賀県総合トップへ

新型コロナウイルス感染症の影響に係る農林水産業関係の支援策について

最終更新日:
 

新型コロナウイルス感染症の影響に係る農林水産業関係の支援策について

  国の支援策については、農林水産省HP(外部リンク)別ウィンドウで開きます(外部リンク)をご参照ください。
 

1.売上減少や資金繰に対する支援

 新型コロナウイルス感染症の影響を受けた月の売り上げが前年の月平均販売額に比べ(青色申告を行っている農業法人、漁業者、林業者の場合は、前年の販売額と比べ)50%以上減少している生産者や法人等に、持続化給付金(法人:最大200万円、個人事業主:最大100万円)が給付されます。
 
 新規就農や規模拡大等により、2020年度中の売り上げを前年同期と同条件で比較できないために持続化給付金制度の給付対象とならない事業者に対して県独自の支援金を支給します。 
 
 経営維持が困難になった方には実質無利子・無担保資金が用意されています。
 
 新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)の収入が前年同期比より、おおむね20%以上減少しており、国税を納付することが困難な場合は、所管の税務署に申請することにより、納期限から1年間納税が猶予されます(令和2年2月1日から令和3年1月31日に納期限が到達する国税が対象)。
 
 

2.園芸品目の次期作の作付け等に対する支援

(1)高収益作物次期作支援交付金【農林水産省】

 野菜・花き・果樹・茶等の生産者が次期作に前向きに取り組む場合、種苗等の資材購入や機械レンタル等を支援(5万円/10a)。また、高収益作物の需要促進に取り組む生産者には、新品種の導入や新たな販売契約に向けた取組を追加支援します(2万円/10a×取組数)。

 

(2)佐賀県園芸生産次期作支援緊急対策事業【佐賀県】

 施設花き生産者への次期作の種苗費等を支援します。

 (施設バラ、ユリ、カーネーション10万円/10a コチョウラン40万円/10a その他施設花き5万円/10a)

 〇問い合わせ先:佐賀県 農林水産部 園芸課 花き特産担当(0952-25-7119)

 

(3)野菜価格安定対策事業【農林水産省】(ALIC事業)

 登録出荷団体等の負担金の納付を猶予します。

 

 

3.畜産・酪農の事業継続に対する支援

(1)肥育牛経営等緊急支援特別対策事業【農林水産省】(ALIC事業)

 畜産農家が経営体質の強化に資する取組メニューに取り組んだ場合、出荷頭数に応じて奨励金を交付します(取組数に応じて2~5万円/頭)。また、生産者集団が出荷時期を調整し、計画的に出荷を行う場合、計画出荷に伴う追加経費を支援します。

 

(2)佐賀牛等肥育素牛導入緊急対策事業【佐賀県】

 肉用牛肥育農家に対し、令和2年3月から9月までに出荷された肉用牛の販売頭数に応じて、肥育素牛の導入に係る奨励金(肉専用種20,000円、交雑種10,000円、乳用種5,000円)を交付します。

  〇問い合わせ先:佐賀県 農林水産部 畜産課 経営担当(0952-25-7121)

 

(3)肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)【農林水産省】(ALIC事業)

 牛マルキンの生産者負担金の納付を猶予します(国庫分3/4の交付となります)。

 

(4)肉用子牛流通円滑化等緊急対策事業【農林水産省】(ALIC事業)

 生産者団体が策定した計画に基づいて、生産者がやむを得ず肉用子牛の出荷時期の調整を行う場合、計画出荷に伴う掛かり増し経費(飼料費等)を支援します。

 

(5)新型コロナウイルス感染症の発生畜産農場等における経営継続対策事業【農林水産省】(ALIC事業)

 ・発生農場等の事業継続のための代替要員(酪農ヘルパーを含む)等の派遣や家畜を公共牧場等に緊急避難させるための経費を支援します。
 ・発生農場等の清浄化や感染拡大防止のための消毒等に係る経費を支援します。
 ・乳業工場の処理能力の低下等により出荷できなくなった生乳に対して支援します。

 

(6)和牛肉保管在庫支援緊急対策【農林水産省】(ALIC事業)

 和牛肉の在庫の解消を図るため、販売促進計画を作成した食肉卸売業者に対し、保管経費の支援及び同計画に基づく販売実績に応じて奨励金を交付します。

 

(7)生乳需給改善促進事業【農林水産省】(ALIC事業)

 乳業団体や生産者団体等が脱脂粉乳を飼料用等の需要がある分野で活用する取組を支援します。

 

 

4.感染拡大による人手不足に対する支援

(1)農業労働力確保緊急支援事業【農林水産省】

 農大等の農業経験者や他産業従事者(外国人を含む)が就農する際に必要な活動費(掛かり増し労賃等)、研修に必要な機械・設備の導入等を支援します。

 

(2)実習が継続困難となった技能実習生等の特例措置【法務省】

 他産業で技能実習を行う外国人が解雇等された場合に、特例で、1年間、農業分野で雇用することができます。

 

 

5.需要が減退している農林水産物等の販売促進に対する支援

(1)国産農林水産物等販売促進緊急対策【農林水産省】

 農林漁業団体等が行う牛肉・果物等の学校給食への提供、直売所等との地域イベントとの連携等に対し支援します。

 

(2)公共施設等における花きの活用拡大支援事業【農林水産省】

 自治体、主要な空港、駅、観光地等での花きの活用拡大を支援します。

 

(3)Go To EATキャンペーン【農林水産省】

 感染症の流行収束後に、オンライン予約でのクーポン付与、割引食事券の発行により飲食業の需要を喚起します。

 

(4)佐賀さいこう!県産品支え愛応援事業【佐賀県】

 県産品(農水産物、酒を含む加工食品、焼き物等)の消費喚起・拡大を図るため、SNSやメディアを使用した県産品の魅力発信、ECサイトでの佐賀県フェアの開催やテレビショッピングでの販売促進等を行う「佐賀支え愛応援キャンペーン別ウィンドウで開きます」を実施します。

 

(5)花いっぱい運動(オフィスに花を!おうちに花を!)【佐賀県】別ウィンドウで開きます

 県民ホール、佐賀駅、唐津駅へのフラワーアレンジの展示(3/25~4/2)をしました。また、県民の皆様への花飾りの呼びかけを行っています。

 

(6)旬のお魚ストック支援事業【佐賀県】

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける水産物の過剰供給分を、漁協が相場価格で買い取り、冷凍保管を行うために要する経費を支援します。

 〇問い合わせ先:佐賀県 農林水産部 水産課 玄海創生・栽培資源担当(0952-25-7145)

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:74576)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.