佐賀県総合トップへ

新型コロナウィルス感染症に関する記者レクを開催しました(5月2日)

最終更新日:
 

新型コロナウィルス感染症に関する記者レクを開催しました(5月2日)

 5月2日(土曜日)に佐賀県健康福祉部長大川内直人及び健康福祉部医療統括監(注1)野田広による新型コロナウィルス感染症に関する記者レクを開催しました。
 詳細は下記リンクからご覧ください。
   要約版はこちらからご覧ください。 

記者レク資料

 

記者レク内容 

○健康福祉部長

 昨夜、42例目の感染を確認いたしましたので、現時点で分かっていることについてご説明をいたします。

 70歳代の男性で白石町の方でございます。4月27日に38度の発熱、嘔吐、吐き気があったということですが、それ以前から体調が悪かったということです。4月30日に自宅で倒れているのを同居ではない親族の方が発見されまして、救急搬送され、県内の感染症指定医療機関に入院をされております。倒れられていた原因は分かっておりません。5月1日にPCR検査で陽性を確認いたしました。

 本人は倦怠感が強く、現在の状況では中等症という状況らしいですが、そういう状況のため、今のところ詳しい聞き取りができておりません。引き続き濃厚接触者の有無を含めて行動歴の把握など調査を実施いたします。今後、さらに情報が入りましたら随時お知らせをしたいというふうに考えております。

 それと、40例目と41例目の関係でございますが、県内の運送会社に勤められていた方ですが、この方たちの同僚につきまして、昨日、お二人とも合わせて20人のPCR検査を行いました。全て陰性を確認しております。

 現時点におきましては会社内での集団発生について心配はないのかなというふうに考えております。

  また、16例目の方と19例目の方が昨日退院をされております。

【主な質問】

〇佐賀新聞

 医師の見立てなんでしょうけれども、70歳のお年寄りが救急搬送で運ばれてきて、これはちょっと怪しいと思うような何か所見があったんでしょうか。

○医療統括監

 呼吸困難があられたということで、PCRの対象だということで相談があったという流れだと思います。

○読売新聞

 救急搬送のときにはコロナを疑わずに通常の搬送の仕方で搬送されたのか、今、こういう時期なので、もうちょっとしっかり防護して対応されているのか。

○健康福祉部長

 意識がどうだったかまで分かりませんけれども、コロナに対応するような形での防護策は取られていたというふうに聞いております。

写真


 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:74226)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.