佐賀県総合トップへ

第15回佐賀県新型コロナウィルス感染症対策本部会議を開催しました

最終更新日:
 

第15回佐賀県新型コロナウィルス感染症対策本部会議を開催しました(4月17日)

 4月17日(金曜日)に第15回佐賀県新型コロナウィルス感染症対策本部会議を開催しました。
 会議の内容は下記リンクからご覧ください。
   会議終了後の知事インタビューの内容は下記リンクからご覧ください。
 
 

会議資料

 

会議内容 

○知事

 先ほど東京都のほうは200件を超えた感染者が発表されたようです。本当にいよいよ正念場だと思います。都市部の知事さん方、今日、知事会議、ウェブでありましたけれども、ぜひ自粛、47都道府県でやっても、都市部が収まらないと結局いたちごっこになるわけですので、しっかりと対応をよろしくお願います。

 そして昨日、16日、緊急事態宣言の対象範囲が佐賀県を含む全国の道府県に拡大されました。これは5月6日までの大型連休期間の人の移動を最小化することを目的とされています。

 私はこれまでも申し上げてまいりましたけれども、国家的危機管理が大切だと思っております。今回の宣言を成功させるためには、国と、そして、国民の日本を守ろうという強い強い覚悟が必要だと思っています。そして、大人と子供が、特に大人がしっかりと節度ある行動をしていくということが大事だと思います。

 最大のピンチであって、最後のチャンスだと思います。そういう覚悟で国を挙げて覚悟を持って取り組まなければいけない、そういう国全体の宣言とならなければいけないと思っています。

 特に、今回は長期休暇前、ゴールデンウイークの前というこのタイミング、我々に与えられている最大の機会、この機会で成功しないと、もうこれから後はずるずると長期間この問題に対応しなければいけないということになります。なかなかこの国の体力がもつのか、そして、我々佐賀県の様々な社会システム、医療システム、地域経済、非常に危惧します。今回の47都道府県での宣言というのは、国を挙げての成果が試されるものだと思います。

 そうした思いの中で、佐賀県も全力でこの取組に参加したいと思います。150年前の明治維新のときに、この国を志を持ってつくり上げたのは佐賀県のメンバーでした。そういう強い気概を持って、この国を守っていきたいと思います。

 皆さん方、この人の動きを止めること、人の接触を8割以上減らすこと、しっかりと心がけていただきたいと思います。特に、県民の皆さん、他県、特に、福岡県との行き来を控えていただくことが重要です。不要不急の往来はぜひ避けていただきたいと思います。

 今後、この連休からゴールデンウイークまで、県をまたいだ不要不急の移動を自粛していただくことを重ねてお願い申し上げます。

 何度も申し上げますが、この取組は大人が徹底することに大きな意味があります。一人一人の行動自粛の徹底をお願いします。佐賀県の例を見ても、感染を拡大しているのは大人です。全国的に見ても、感染を拡大しているのはほとんど大人です。

 大人の行動一つ一つが試されています。今回の機会に、大人と子供、全体の取組を行っていきたいと思います。しっかり成功させましょう。

 そういった考え方から、佐賀県では県立高校につきまして、休校は4月21日の火曜日からです。1日前の4月20日の月曜日は、休校準備のために開校させていただきます。ですので、火曜日から休校ということになります。

 県内の頑張っておられる生徒の皆さん、長い休校となりますけれども、心身の健康に留意し、5月7日に元気な顔を出してください。

 そして、事業所等につきましてですけれども、休業要請を行って、そして、協力金と併せて行いたいと思います。その検討、方向性、そして、準備、そうしたことに時間がかかります。例えば、これが休止を要請する施設ですけれども、それぞれが県内のどういったものが当てはまるのかなということについては皆さん方も御関心だと思うので、一つ一つ具体的に明確にして、対象といったもの、そして、協力金の具体的な内容、そうしたものについて、しっかりと検討して、発表をさせていただきたいと思います。この休みの間にその検討をしっかり進めさせていただきます。

 改めて、国として最大のピンチであって最後のチャンスとして取り組まなければいけない状況となっています。非常に強い危機感を持っています。

 県民お一人お一人の自覚、そして、みんなで力を合わせてワンチームになって物事を成し遂げなければいけないという強い気持ちが大切です。

 そして、これまで同様、医療に関係する皆さん方が最前線で頑張っていただいていること、佐賀県はその過程も含めて、そこのための社会システムというものを意識して、ずっと行動をしてまいりました。

 そのご家族がどういう状況になっているのか、そして、様々な資機材、そういったものが補充されていくのだろうか。ぜひ県民の皆さん方も医療関係者、それから福祉施設、我々の生活に必要不可欠なものが大切だということにぜひ意識をしていただきたいと思います。病院は、今多くの病気を抱えた皆さん方、命と対面した形で今戦っている方、そして、これからも救急の患者さん、それこそ心筋梗塞とか様々なことで救急車ですぐに措置しなければいけない患者さんが出てきます。そうした皆さん方の命を守るために、全力で医療現場を支援していきたいと思います。

 まず、県民の皆さん方に来ていただくことは、明日から不要不急の外出を控えていただく。特に県外に、これにつきましては、真摯に吟味をしていただきまして、できる限り自粛していただきたいと思います。よろしくお願いします。

○教育長

 ただいま知事のほうから示された方針を受けまして、県立学校につきましては、4月21日火曜日から5月6日水曜日まで臨時休業といたします。必要最小限の範囲内で臨時登校日を設定することは可能といたします。また、保護者が医療や福祉介護の従事者である場合など、特別な事情がある場合や児童などの居場所確保の必要がある場合は、学校における受入れ体制を確保いたします。また、部活動につきましては、休業期間中、全ての活動を行わないことといたします。

〇警察本部長

 給付金を今度10万円出されるというお話がございますので、それに便乗した詐欺等の発生が予想されるところでございますので、県警本部のほうのホームページですとか、あんあんメール、それからツイッター、またマスコミの皆さんのご協力もいただきながら、強力に被害防止のための広報の啓発のほうは進めてまいりたいと考えております。

○知事

 本部長から話があったように、10万円の給付金が出るというのが報道で流れているので、10万円送りますよ、コロナだから役場のほうに来てもらうわけにはいかないので、口座番号教えてというのが発生する可能性が本当に高いです。今そういう状況ではないので、だまされないようにぜひ県民の皆さん注意してください。

写真(1)写真(2)写真(3)





 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:73987)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.