佐賀県総合トップへ

【新型コロナウイルス関連】産業廃棄物に関する申請等の取扱について

最終更新日:
            

おしらせ

1 産業廃棄物の処理に関する講習会の一部中止に伴う産業廃棄物処理業の新規許可申請について(R2.6.11更新)

 今般、公益財団法人 日本産業廃棄物処理振興センター(JWセンター)から、本年4月~6月の開催を中止されていた講習会の今後の開催方法及び日程等が示されたことから、佐賀県における産業廃棄物処理業の新規許可申請については、当分の間、次のとおりとします。

 1)修了証の添付がない新規許可申請も受け付けます。(別途、申出書を添付していただきます。)

 2)申請書については、申請者の知識及び技能以外の部分について通常どおり審査を行い、補正指示等を行います。

 3)修了証を取得次第、修了証の写しを提出していただき、審査で問題がなかったものについては、新しい許可証を発行します。 

 

【次の点にご注意ください】

  1. 今回の申請は、「産業廃棄物の処理を的確に行うに足りる知識及び技能」以外の審査を進め、講習会修了証の提出後速やかに許可手続きを行うためのものであること
  2. 受講可能な講習会を速やかに受講し、修了証を提出する必要があること
  3. 修了証を確認するまで許可はなされないこと
  4. 許可がなされるまでの間、佐賀県内で今回の申請に係る業務は行えないこと
  5. 講習会未受講、不合格等に関わらず、いかなる場合であっても納付済みの手数料の返還はなされないこと
  6. 講習会再開後、合理的な期間内に受講しなかった場合には不許可処分となることがあり得ること

 

2 更新許可申請について(R2.4.9更新)

     新型コロナウイルス感染拡大防止のため、産業廃棄物の処理に関連する講習会の一部が当面の間中止となっています。

   講習会の中止により受講ができない場合の産業廃棄物処理業の更新許可申請については、当面の間、以下のとおり取り扱います。

   1)許可期限が迫っているものについては、修了証の添付がなくても更新申請を受け付けます。

   2)申請書については、申請者の知識及び技能以外の部分について通常どおり審査を行い、補正指示等を行います。

   3)(講習会が再開された後)申請書に修了証を追加で添付していただき、審査で問題がなかったものについては、新しい許可証を発行します。

   ※許可期限までに更新申請を行っていれば、新しい許可証が発行されるまでの間も従前の許可はなお有効であり、産業廃棄物の処理を業として行う  

   ことができます。(法第14条第3項及び法第14条の4第3項)

 

        〇法第14条第3項(産業廃棄物処理業)、法第14条の4第3項(特別管理産業廃棄物処理業)   

     前項の更新の申請があった場合において、同項の期間(以下この項及び次項において「許可の有効期間」という。)の満了の日までにその申請に  

        対する処分がされないときは、従前の許可は、許可の有効期間の満了後もその処分がされるまでの間は、なおその効力を有する。

 

※ これらの取扱を終了・変更等するときは、本ホームページでお知らせします。

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:73855)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.