佐賀県総合トップへ

第6回佐賀県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました

最終更新日:
 

第6回佐賀県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(3月31日)

3月31日に第6回佐賀県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました。

会議終了後の知事インタビューの内容は下記リンクからご覧ください。

http://www.saga-chiji.jp/comment/20200331-1/

 

 

会議資料

  •  
     

    知事からの説明内容

     本日、新型コロナウイルス感染症ウイルス検査により、県内ご在住のお一人が陽性であることが確認されました。佐賀県では2人目ということになります。

     感染者の方は、伊万里市在住の60歳代の女性です。この方を仮にAさんとお呼びします。Aさんと同居されているのは、Aさんの夫Cさんと、Cさんの母親のDさんです。3人でお住まいになられています。

     感染に至った経緯についてご説明します。

    AさんとCさんには息子Bさんがいます。この息子Bさんは医師で、3月28日に福岡県で検査の結果、陽性が確認され、翌29日に発表になった方です。大分県の赤十字病院で医師をされていた方で、この件につきましては、病院からも発表されています。3月24日まで大分の赤十字病院に勤務、その後福岡の病院に異動されています。

     まず、そこまで押さえた上で、Aさんの感染の経緯を説明します。

     

    時間が前後しますが、3月21日に息子BさんとAさん、Cさんは、福岡市で会食をされています。この会食は、親族ばかり11人での会食と確認しています。母親のDさんは行かれていません。

     その後、息子Bさんが3月25日に発熱され、新型コロナの可能性があるということでウイルス検査をすると、Bさんから夫Cさんに連絡があったため、Cさんから伊万里保健福祉事務所に連絡、相談があったということです。

     Aさんは、息子Bさんが発症した後の3月26日から27日に38度の発熱、倦怠感、首・肩の痛み、そして下痢の症状がありました。本日、ウイルス検査の結果、陽性が確認され、県内の感染症指定医療機関に本日16時に入院を完了する見込みです。

     現在、Aさんは発熱もなく、症状はないということです。そして、Aさん、Cさんご夫婦は一緒にPCR検査を行い、Aさんは陽性でしたが、Cさんは陰性でした。

     同居されている、80歳代の母親DさんのPCR検査を行う準備を今進めているという状況です。

     発症後、AさんとCさんは基本的にご自宅におられたと聞いておりますので、あと、Dさんを検査すれば完結できるのかと思いますが、様々な情報については他県にも佐賀県から連絡をしていきたいと思っております。

     さらに詳細を確認し、できる限り経路を追って、感染拡大防止のために全力を尽くしていきたいと思っています。

  •  

     昨日からお話を申し上げておりますように、県民の皆様におかれましては、できる限り感染者が多い地域への不要不急の外出を慎んでいただきたいということを改めて申し上げたいと思います。更に、不要不急に関わらず、もう少し後の日にずらしてもできるようなことについては、ぜひ感染防止に協力いただきたいと切に願います。

  •  

     また、ちょうど転勤・進学の時期でもありますので、首都圏、近畿圏等から来られた方はできる限り不要不急の外出を控えていただき、また、発熱等の症状がありましたら、ぜひご相談していただきたいと思っています。

     これからも陽性が出てくる可能性は十分にありますので、危機感を持ちながら、今回感染者が出たことに関しまして、しっかりと封じ込めができるように全力を尽くしていきたいと思っています。ここを乗り切るためにも、皆様にもぜひご協力をお願いいたします。


 

 
写真1写真2

このページに関する
お問い合わせは
(ID:73771)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.