佐賀県総合トップへ

児童扶養手当の算定誤りがありました

最終更新日:
 

 

 令和元年12月13日
こども家庭課 
担当者 塚原
内線 1540  直通 0952-25-7056
E-mail:kodomo-katei@pref.saga.lg.jp

 

児童扶養手当の算定誤りがありました

 県では、児童扶養手当法に基づき、児童扶養手当(県内10町分)の支給事務を行っています。
 このたび、児童扶養手当システムのプログラム設定の誤りにより、児童扶養手当の算定誤りが2名の方に生じ、うち1名の方に誤支給があったことが

判明しました。
 今後、このような事態が発生しないよう再発防止を徹底してまいります。
 
1 概要及び経緯

 ○ 児童扶養手当については、受給者の所得などに応じ、手当額を決定することとなっています。児童扶養手当の支給額の算定、通知等の作成及び

  受給者管理等については、児童扶養手当システムを使用して行っています。

 ○ 児童扶養手当の支給回数の見直しに係る法改正(令和元年9月施行)に伴い、支給月及び支給額が変更になるため、7月末にシステム改修を行い

  ました。

 ○ 11月29日、児童扶養手当システム開発・運用業務を委託している受託事業者(株式会社佐賀電算センター)から、支給額を算定する一部の

  プログラムを誤って設定したこと、また、そのために算定誤りが発生している可能性があるとの報告がありました。

 ○ 12月2日、受託事業者がこども家庭課を訪問し、誤ったプログラムにより支給額を算定した全受給者の手当額や誤支給の有無を確認したところ、

  2名の方に算定誤りがあったことが判明しました。

   同日、受託事業者が算定誤りの原因となったプログラムの修正を行うとともに、県からそれ以外のシステム処理に影響がないか調査を指示しま

  した。

 〇 12月11日、受託事業者による調査の結果、他の手当額算定に影響がない旨の報告を受け、2名以外に算定誤りがないことを確認しました。

   報告に際し、受託事業者より報告内容を記載した顛末書を提出させるとともに、再びこういったことが生じないよう、厳重に注意を行いました。


2 該当人数及び金額

【算定誤り(2名)】

事例

支給月額

備   考

差額

1

35,810

28,940

6,870

令和元年11月:支給済

(令和元年910月分)

2

31,190

24,310

6,880

令和21月:支給予定

(令和元年1112月分)

 

【うち誤支給(事例1)】
 ○ 過少払い:1名、誤支給額:13,740円(月額6,870円、2か月分)

 

3 対応
 〇 事例1について
    12月11日、該当となる方に対して、謝罪を行うとともに、本件の顛末及び今後の対応について説明し、了承いただきました。
    12月12日、修正後の通知を送付しました。
    12月13日、本来支払うべき手当額と実際に支払った手当額の差額を支給しました。
 ○ 事例2について
    12月11日、該当となる方に対して、謝罪を行うとともに、本件の顛末及び今後の対応について説明し、了承いただきました。
    12月12日、修正後の通知を送付しました。

 

4 再発防止策
   今後、システム改修の際、職員立ち合いの下、確実な完了検査を行うとともに、児童扶養手当に携わる関係職員にこの業務の持つ重要性を再認識

 させ、正確な事務処理と入念なチェックの徹底を図ります。 


 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:72236)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.