佐賀県総合トップへ

徳須恵川とその支流田中川の堤防補強のお願い

最終更新日:
 

ご意見

 ここ数年、毎年のように7月の大雨時に徳須恵川において、増水による河川の氾濫の危険性が非常に高く、避難勧告や指示が出ます。警戒水域をたびたび越え、大規模な水害のおそれがありますが、堤防の補強やかさ上げが不十分と思われます。関東などを中心に被害の出た台風19号のような雨量とまではいかないまでも、それに近い雨量は今後も頻繁に観測されることは明らかで、今回と同じような被害が発生することが想定されます。

 大雨による堤防の決壊や越水が起こり、災害が発生する前に是非徳須恵川とその支流(田中川)の堤防のかさ上げと補強をお願いします。

 洪水災害が起こった後では、避難所となっている北波多市民病院へも移動困難となるのは明白です。また、近年、徳須恵・田中地区は市の宅地造成で、多くの住宅が建っていることから小さい子どもも多く、もちろん高齢者も多く居住していて、万一水害が起こるようなことがあれば、その被害や損害は甚大なものとなると思われます。明らかに想定できる被害が起こる前に、是非とも国にも要請いただき、堤防のかさ上げと補強を早急に行ってください。

 

担当課の回答

 徳須恵川については、松浦川合流点から伊万里市南波多町高瀬にある市道橋(高瀬橋)までが国の管理区間となっており、唐津市北波多地内の区間は、国土交通省九州地方整備局武雄河川事務所で管理されています。

 徳須恵川の河川改修については、国が策定した「松浦川水系河川整備計画」(平成21年7月策定)に基づき進められており、ご意見にあった徳須恵・田中地区については、平成25年度の竹有橋から大杉橋の区間の左岸側の堤防整備の完了により、計画どおりの整備が完了していると聞いています。

 また、田中川については県が管理しており、徳須恵川合流点から約5.7km上流の広田川合流点までについて、改修計画に基づく整備が完了しています。

 ただし、近年では雨の降り方が局地化・激甚化し、全国各地で大規模な浸水被害が相次いでいる状況を踏まえ、施設では防ぎきれない洪水に備えることも必要であると考えているところです。このため、国や県では、河川改修等によるハード対策を着実に進めながら、県民の皆様方の速やかな避難行動に繋げるためのソフト対策(市町へのハザードマップ作成の支援、雨量や河川水位などの水防情報の提供、河川水位の危険度レベルを示す量水標の設置など)にも取り組んでいますので、積極的に活用していただきたいと考えています。

 県民の皆様方の安全安心な暮らしを支えていくために、今後とも国や市町と連携しながら、ハード・ソフト一体となった治水対策にしっかりと取り組んでまいりますので、ご協力をお願いいたします。

  

ご意見の担当課

県土整備部 河川砂防課

TEL:0952-25-7540

E-mail:kasensabou@pref.saga.lg.jp

このページに関する
お問い合わせは
(ID:72205)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.