佐賀県総合トップへ

障害者用パーキングについて

最終更新日:
 

ご意見

 障害者を持つ親です。

 障害者用スペースの駐車場に車をとめたくてもとめられずに困っています。その原因は、何年も前に期限が切れている身障者用駐車場の利用証(パーキングパーミット利用証)をさげて駐車されている車だと思います。その事について利用証を交付されている市役所にたずねたところ、回収などは自主性にまかせているとのことで、返しに来ない方も多いということでした。また、パーキングパーミット制度は県の管轄だとも聞きました。

 誰かが駐車場を見回り、その場で返していただくなり、罰金をとるなりしないと、不適正利用者が増えていくだけだと思います。

 

担当課の回答

 期限切れのパーキングパーミット利用証の不適正利用は、パーキングパーミット制度の大きな課題であると認識しております。そのため、パーキングパーミット利用証交付時には、利用証とともに「期限に到達した利用証は必ず返却すること」を記載した「利用上の注意」をお渡ししており、県及び市町の交付窓口担当者からも口頭で説明するよう依頼をしております。

 しかしながら、すべての利用者からはご返却いただいておりません。そこで、有効期限を過ぎても利用証を返却されない利用者に対しては、文書で督促を行い、返却を求める等の対策を進めているところです。

 今後も、よりよい解決策がないか、制度導入自治体の事例等を参考にしながら検討を行っていきたいと考えております。

 

ご意見の担当課

健康福祉部 福祉課     

TEL:0952-25-7053    

E-mail:fukushi@pref.saga.lg.jp

このページに関する
お問い合わせは
(ID:72190)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.