佐賀県総合トップへ

県立産業技術学院長(公募)の採用について

最終更新日:
 

県立産業技術学院の学院長(公募)の採用について

 県立産業技術学院長につきましては、公募(※)により下記のとおり採用することとしました。

(※)産業技術学院のさらなる活性化を図るとともに、県内産業を担う人材の育成、中小企業の研修センターとして在職者訓練の充実強化などを行うため公募していたもの

 

                                                                                記

 

1 採用決定者

  池田 積(いけだ つもる)61歳  武雄市在住       

 

2 役職名

  県立産業技術学院長(副部長級、任期付職員)

 

3 採用予定期間

  令和2年4月1日から2年間(更新する場合あり。通算4年以内)

 

4 主な経歴

  昭和56年3月 鹿児島大学工学部機械工学科卒業

  昭和56年4月 株式会社 大島造船所入社

  昭和62年4月 県立高等学校教員採用

  平成22年4月 県立有田工業高校教頭

  平成23年4月 県立唐津工業高校教頭

  平成24年4月 県立鳥栖工業高校定時制教頭

  平成25年4月 県立唐津工業高校教頭

  平成27年4月 県立唐津工業高校校長

  平成31年3月 定年退職

  平成31年4月から現在まで 県立有田工業高校教諭(再任用) 

 

 【参考】

 

1 応募受付期間  令和元年12月9日~令和2年1月8日 

 

2 応募者数    5名 

 

3 産業技術学院長の業務内容 県立の職業能力開発校である産業技術学院の長として、ミッション達成に向け、学院の管理運営を総括する。

 

4 産業技術学院長に求めるミッション

 

(1)学院の経営責任者として、さらなる学院の活性化を図ること

平成24年度以降整備されてきた、“新生”産業技術学院の経営方針を踏まえ、学院の経営責任者として、指導員や学院生との緊密なコミュニケーション等を通じて学院全体のマネジメントを行い、技術力と社会人基礎力を兼ね備えた技術・技能者の養成、就職支援に組織を挙げて取り組み、学院及び学院生に対する評価をさらに高めるとともに、学院のより一層の活性化を図ること。

 

(2)県内産業を担う人材の育成に取り組むこと

学院での訓練が、より産業界のニーズに応じたものとなるよう、県内の業界団体や企業とのネットワークの活用、カリキュラム等の不断の見直し等を行い、県内産業を担うものづくり人材を戦略的に育成すること。産業界との連携(講師派遣、情報交換、仕事の魅力発信、インターンシップ等)を更に深めること。

 

(3)中小企業の研修センターとして、在職者訓練の充実強化を図ること

 業界団体や企業ニーズを的確に把握するとともに、ニーズに即したきめ細かな在職者訓練の充実強化を図り、中小企業の研修センターとして、中小企業在職者の技術力向上を支援すること。特にオーダーメイド訓練の強化を図るとともに、AIやIoTに代表される技術革新によるものづくりの質や生産性の向上への支援を行うこと。その成果として在職者訓練の修了者数を毎年度350人以上とすること。

 

(4)学院生の技能・技術の資格取得に取り組むとともに、施設内修了生の100%就職率を達成しつつ、入校者数の増加に努めること 

 学院生の各種資格取得、技能検定の合格率向上に強力に取り組み、学院生の技術・技能レベルに対する県内企業等の評価をさらに高めること。資格取得については、卒院までに、全ての学院生に技術・技能に関する資格の合格率を向上させること。 修了生の100%就職率を達成すること。更なる学院の情報発信を行い、入校者数の増加に努めること。

 

 

 

 

 

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:71962)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.