佐賀県総合トップへ

県による起業家の資金調達支援 第2弾 クラウドファンディング型ふるさと納税をスタートします

最終更新日:

記者発表ヘッダー


令和元年11月25日

産業企画課 AI・IoT推進・創業支援担当

担当者 小野原、落合

内線 2163、2117  直通 0952-25-7586

E-mail: innovation@pref.saga.lg.jp

 

県による起業家の資金調達支援 第2弾 

クラウドファンディング型ふるさと納税をスタートします

 

 県では、総務省が平成30年4月からはじめた「ふるさと起業家支援プロジェクト」のもと、昨年度からふるさと納税の仕組みを活用した起業家の資金調達支援を実施しています。

今年度は、県及び佐賀県ベンチャー交流ネットワークが主催した令和元年度の「さがラボ・チャレンジカップ」(ビジネスプランコンテスト)で優秀賞に選定された事業を対象に、12月2日(月曜日)から令和2年2月28日までの3か月間、国内最大のふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」の「ガバメントクラウドファンディング」で募集します。

 今回の対象事業は、佐賀大学理工学部の学生さんが立ち上げた学生ベンチャーによるものであり、学生起業家ならではの独創的なアイディアと果敢なアントレプレナーシップに共感いただける全国の方々から広く資金を募ることで、県としても、未来を担う若い起業家が生まれ、育つ地域社会づくりにつなげていきたいと考えています。

なお、この総務省の「ふるさと起業家支援プロジェクト」の下、起業家支援の取組を実施するのは、九州の各県の中では現時点で佐賀県だけです。

 

バナー         GCFバナー

 

資金調達を行うプロジェクト概要

 タイトル:腰を浮かせる新発想の用具『フワット』を改良して座るつらさを減らしたい!

実行者:株式会社山城機巧 代表取締役社長 山城佑太

 目標金額:100万円

 公開日時:令和元年12月2日(月曜日)10時00分

終了日時:令和2年2月28日(金曜日)23時59分

U  R  L :https://www.furusato-tax.jp/gcf/728 (12月2日公開予定)

 資金使途:腰を浮かせる新発想の用具『フワット』の軽量化にかかる開発費等

 概要:佐賀大学認定ベンチャー第1号「株式会社山城機巧」(代表取締役社長 山城佑太、令和元年8月創業)は、座った状態で腰やお尻にかかる負荷を大きく軽減する用具「フワット」を開発。腰の不調を抱える方がフワットを胴に装着し着座すると、用具が脇腹部分で体を支え座面と臀部の接触を減らすことができる。今後、同社は強化段ボールを素材とした軽量化版を開発予定。現行のフワットより安価でバッグに入れて持ち運びができるような製品の設計・試作を行っていく。

 
 

■ふるさと起業家支援プロジェクトについて

 地方団体による地域の起業支援を促すとともに、起業家がふるさと納税の仕組みを活用して資金を調達することよって、地域経済の好循環の拡大を促すことを目的に、平成30年4月1日に総務省が立ち上げたプロジェクトです。 
 

■ふるさとチョイスについて

 「ふるさとチョイス」とは、全国の自治体のふるさと納税の「使い道」や「お礼の品」、まちの情報などを紹介している国内最大のふるさと納税総合サイトです。

 

■ガバメントクラウドファンディングについて

 「ガバメントクラウドファンディング」は、ふるさとチョイスが提唱し、ふるさと納税を活用して、自治体がプロジェクトオーナーとなりクラウドファンディング型で広く資金を調達する仕組みです。寄附者の関心や共感を呼ぶプロジェクトを立ち上げることで資金を調達することができます。また、地域活性化には寄附金の使い道が重要であるとの考えなどから、関心が高まり、2019年11月時点で寄附総額51億円を突破し、617プロジェクトが実施され、「2019年度グッドデザイン賞」を受賞されました。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:71930)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.