佐賀県総合トップへ

令和元年度新型インフルエンザ対応実動訓練を実施します

最終更新日:

記者発表ヘッダー


  令和元年(2019年)11月18日

健康増進課 感染症対策担当

担当者 南、松﨑

内線1839、1836  直通 0952-25-7075

E-mail: kenkouzoushin@pref.saga.lg.jp

 

令和元年度新型インフルエンザ対応実動訓練を実施します

唐津港に寄港する客船において新型インフルエンザの疑い患者が発見された場合に備え、迅速かつ適切な対応ができるよう、特別検疫対応(着岸検疫)、患者搬送など発生早期の対応について、下記のとおり訓練を行います。

 

 

1 日時

 令和元年11月21日(木曜日)12時50分から15時30分まで

 (ただし、見学は14時10分まで)

 

2 会場

 唐津港東港岸壁(唐津市東大島町 別添位置図のとおり)

 ※雨天時は、唐津港湾合同庁舎(唐津市二タ子3-216)

 唐津赤十字病院(唐津市和多田2430) 

3 実施スケジュール(予定)

時 間

内  容

場 所

12時50分~

○疑い患者搬送訓練

 ・患者搬送車両(福岡検疫所、唐津保健福祉事務所、唐津市消防本部)への疑い患者の移動、搭乗

 ・搬送車による搬送

唐津港東港岸壁

※雨天時は、唐津港湾合同庁舎

14時~

○疑い患者受入訓練

 ・疑い患者受入

 ・疑い患者診察・処置

○検体採取・搬送訓練

 ・疑い患者からの検体採取、搬送

唐津赤十字病院

 

4 参加機関

 福岡検疫所、唐津赤十字病院、唐津市消防本部、唐津警察署、佐賀県(唐津保健福祉事務所、健康増進課)

5 訓練想定

【海外発生期】

 A国で発生した新型インフルエンザについて、厚生労働省は全国の検疫所に検疫強化を指示し、A国を新型インフルエンザの流行国に指定し、同国から来航するすべての船舶及び航空機の検疫については集約港で行うこととした。唐津港に、A国の隣国であるB国(非流行国)からクルーズ客船の入港に当たって、福岡検疫所は、検疫前通報で、乗客にA国滞在者が含まれ、発熱を呈しているとの情報を得て、着岸検疫を実施。

着岸検疫で、乗客に対し問診を行った結果、症例定義に合致したため、新型インフルエンザの疑い患者として「隔離措置」となったことから、唐津赤十字病院への疑い患者の搬送及び患者受入れ対応、並びにこれらに関わる情報伝達訓練を行う。

 

添付資料

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:71822)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.