佐賀県総合トップへ

島義勇銅像建立一周年記念祭を開催します

最終更新日:

記者発表ヘッダー


 令和元年11月8日

文化・スポーツ交流局文化課

担当者 納富、井上、兼武

直通 0952-25-7253

【E-mail】culture_art@pref.saga.lg.jp

 

島義勇銅像建立一周年記念祭を開催します

明治維新150年を記念して、明治新政府において初代開拓判官として北海道開拓に貢献した佐賀藩士・島義勇を顕彰し、島義勇の開拓者精神と札幌を世界一の都にしようとした熱い「志」を今に活かし、永遠に未来へと受け継ぐために昨年11月11日に佐賀城西御門橋南側(佐賀市城内)に建立した島義勇銅像が一周年を迎えることから、開拓判官島義勇顕彰会をはじめとする北海道の皆さんや島義勇御子孫をお迎えし、島義勇銅像建立一周年記念祭を下記のとおり開催します。

 

 

 1 日時 令和元年11月11日(月曜日)11時11分から11時40分まで

 2 場所 島義勇銅像建立地(佐賀市城内)

 3 出席 佐賀県知事、北海道副知事、開拓判官島義勇顕彰会代表世話人、島義勇御子孫等 35名程度

 4 内容 (1)  主催者あいさつ  佐賀県知事 山口 祥義

     (2)  来賓祝辞    北海道副知事 中野 祐介

                 開拓判官島義勇顕彰会 代表世話人 吉田 源彦

     (3)  来賓紹介    

     (4)  記念植樹    佐賀県知事、北海道副知事、佐賀市長、島義勇御子孫、開拓判官島義勇顕彰会代表世話人、

    北海道神宮敬神講社第三山鼻祭典区代表委員長、赤松小学校6年生

      (5)  記念撮影

 

 【参考】

 ○島義勇銅像の基本情報

  ・建立趣旨

    明治維新150年を記念して、明治新政府において初代開拓判官として北海道開拓に貢献した佐賀藩士・島義勇を顕彰し、

    島義勇の開拓者精神と北海道・札幌を世界一の都市にしようとした熱い「志」を今に活かし、永遠に未来へと受け継ぐため、

    島義勇銅像を佐賀の地に建立。

    この銅像は、安政3年(1856年)9月、佐賀藩十代藩主鍋島直正の命により、蝦夷地(現在の北海道)調査に旅立つ若き日の

    島義勇の姿を表現している。

  ・銅像名    島義勇之像

  ・銅像の高さ  地上高約3.5m(銅像2.5m、台座1m)

  ・銅像の重量  約650kg(青銅製)

  ・建立地    西の御門橋南側(佐賀市城内)

  ・原型制作者  佐賀大学芸術地域デザイン学部 教授 德安 和博

  ・銘板書家   佐賀県書作家協会 顧問 山田 博道

  ・銘板功績作者 佐賀県立図書館 近世資料編さん室 室長 山口 久範

  ・施工者    松尾建設・環ヴィトーム共同企業体

  ・建立者    肥前さが幕末維新博推進協議会 会長 山口 祥義

  ・建立日    平成30年(2018年)11月11日(日曜日)

  ・総事業費   2,800万円

  ・寄附総額   23,278,500円

          793件(個人752名、法人・団体41件)

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:71723)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.