佐賀県総合トップへ

小林副知事がフランスを訪問しました

最終更新日:


記者発表ヘッダー


令和元年11月6日

ものづくり産業課 

コスメティック構想推進室

担当者 清河、西島

内線 2162   直通0952-25-7397

E-mail:monodukurisangyou@pref.saga.lg.jp

国際課

担当者 田上

内線 2269     直通0952-25-7328

E-mail: kokusai@pref.saga.lg.jp

 

小林副知事がフランスを訪問しました

 

県では、唐津市・玄海町を中心とした北部九州に美と健康に関する産業を集積し、天然由来原料の供給地となることを目指すコスメティック構想を推進しています。コスメティック構想を推進するため、10月16日、フランス・パリで開催された国際化粧品展示会「COSMETIC 360」を小林副知事が訪れ、展示会主催者であるコスメティックバレー会長や、ジャパン・コスメティックセンター会長と会談しました。

また、フランスにおける訪日観光市場動向ヒアリングのため、日本政府観光局等を訪問しましたので、お知らせします。

 

 

 

  記

 

 

 

 

1 日程

令和元年10月14日(月曜日)から18日(金曜日)まで

 

 

2 主な訪問先及び内容

 

(1)COSMETIC 360視察等

日時 10月16日(水曜日)9時30分から17時

場所 ルーブル美術館イベントホール

概要及び会談内容

 1.コスメティックバレー会長マーク・アントワーヌ・ジャメ氏との意見交換

◯コスメスタートアップの取組について意見交換をし、今後も佐賀県のコスメティック構想の促進のため、

相互に協力・連携していくことを確認しました。

 

 2.Chartres Metropole副議長Didier Garnier氏との意見交換

◯コスメティックバレーが設置されているChartres(シャルトル市)がどのように自治体としてコスメティックバレーを支援しているか

伺いました。また、今後のコスメ拠点整備や観光などの構想について意見交換をしました。

 

 3.  ジャパン・コスメティックセンター会長アルバン・ミュラー氏との意見交換

◯コスメティック構想をより一層進めていくことについて意見交換をしました。

 

 

(2)ORANGE FAB FRANCE ACCELERATOR訪問

日時 10月17日(木曜日)10時から11時30分

概要 スタートップ支援の取組について意見交換

会談内容

◯ORANGE FAB FRANCE ACCELERATORのスタートアッププログラムについての意見交換とともに、シェアオフィスを視察しました。

 

 

 

(3)ジェトロ・パリ事務所訪問

日時 10月15日(火曜日)10時から11時

概要 ジェトロ・パリ事務所所長 片岡進氏との意見交換

会談内容

◯フランスにおけるスタートアップの状況について意見交換をしました。

 

 

 

(4)在フランス日本国大使館

日時 10月15日(火曜日)11時15分から12時

概要 在フランス日本国大使館公使 樋口義広氏との意見交換

会談内容

◯コスメティック構想の取組状況や、インバウンドについて意見交換をしました。

 

 

 

(5)野中元衛門の墓への墓参り

日時 10月15日(火曜日)14時から15時半

概要 

◯江戸末期の佐賀の商人である野中元右衛門の慰霊

※第2回パリ万国博覧会(1967年)に日本からの初めての正式参加となった、徳川幕府、佐賀藩、薩摩藩からの参加者の一人として渡仏。

野中はパリ到着と同時に急病に襲われ、そのままパリで客死。

 

 

 

(6)日本政府観光局(JNTO)訪問

日時 10月17日(木曜日)13時15分から14時

概要 日本政府観光局(JNTO)所長 村上強志氏との意見交換

会談内容

◯フランス及び欧州における訪日観光市場の動向について意見交換を行いました。

 

 

 

(7)Japan Travel Centreパリ支店訪問

日時 10月17日(木曜日)14時15分から15時

概要 Japan Travel Centre 社長 森 美江氏との意見交換

会談内容

◯欧州市場に向けた日本の観光情報の発信やプロモーションの取組みについて意見交換を行いました。

 

 

 

※写真の電子データを希望される場合は、ものづくり産業課コスメティック構想推進室 清河・西島

(内線:2162/外線:0952-25-7397)まで、ご連絡をお願いいたします。

 

 

≪参 考≫

 

1 コスメティック構想

フランスのコスメティックバレー(CV)と唐津市との協力連携協定(H25.4.12)を契機に、唐津市・玄海町を中心とした北部九州に美と健康に関するコスメティック産業を集積し、コスメティックに関連する天然由来原料の供給地となることを目標としている。中長期的にはアジアのコスメティック産業の拠点となることを目指している。

 

 

2 一般社団法人ジャパン・コスメティックセンター(JCC)

コスメティック構想を推進する産学官の連携組織。平成25年11月設立。

平成27年4月一般社団法人化。事務局は唐津市にある。

 

 

3 コスメティックバレー

世界最大級の化粧品関連産業集積地。フランス中部シャルトルを中心とした半径約150km圏内に約800の企業、7つの大学、約200の研究機関などが立地している。1994年設立。事務局はシャルトルにある。会員企業数は約320社。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:71687)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.