佐賀県総合トップへ

杵藤保健福祉事務所において個人情報流出事案が発生しました

最終更新日:

記者発表ヘッダー


令和元年9月7日

杵藤保健福祉事務所

担当者 木室

直通 0954-22-2103

E-mail:kitouhokenfukushi@pref.saga.lg.jp

 

杵藤保健福祉事務所において個人情報流出事案が発生しました

 杵藤保健福祉事務所において、当該事務所職員が個人情報をゴミ袋(市指定の袋)に入れて外部へ持ち出し、武雄市のコンビニの店外の片隅にそのゴミ袋を置き忘れるという事案が発生しました。
 この個人情報は全て、コンビニのオーナーが保管しており、その他に外部への流出は確認されていませんが、このような事案が発生したことを重く受け止め、再発防止に努めてまいります。

1 事案の概要   
(1)発生日時 9月5日(木曜日)午後10時45分ごろ
(2)個人情報の内容(書類24枚のうち個人情報入り12枚)

  • 県庁関係課とやり取りしたメール5枚(個人の氏名及び携帯番号)
  • 当該係長の駐車許可証1枚
  • 時間外に警備会社から連絡があったFAX連絡票1枚(個人の氏名・電話番号あり)等

2 発生原因
  職場のシュレッダーが満杯となっていたため、自宅のシュレッダーで書類を裁断し廃棄しようと考え、個人情報をゴミ袋に入れて持ち帰ったもの

 

3 事案発生後の経緯及び対応

  • 当該職員が9月5日(木曜日)午後10時45分ごろ、個人情報が記載された書類を一緒にごみ袋に入れ、コンビニで買い物する際に、ゴミ袋を持ったまま店内に入ることをためらい、店外の片隅に置き店内で買い物を済ませたが、そのゴミ袋を持ち帰るのを失念した。
  • 同日午後11時ごろ、コンビニの店員が見つけ、9月6日(金曜日)午前6時ごろに店のオーナーが不法投棄だと思い中身を確認したところ、杵藤保健福祉事務所職員の名前が記載された駐車許可証が入っていたことから、武雄市役所に写真データを送った。
  • 同日午前9時に武雄市役所から当該事務所長に連絡があり、所長は市役所に出向いてこの事案を覚知した。  
  • 同日午前11時30分、所長が職員に聞き取りを行い事実と認定した。
  • 同日午後1時30分、所長と当該職員が武雄市役所を訪問し、武雄市に謝罪と説明を行った。
  • 同日午後6時30分、コンビニへ所長と当該職員が出向き、オーナーへ謝罪を行い、置き忘れたゴミと書類を全て回収するとともに、オーナーが保存していた写真データを消去してもらった。武雄市役所に送信した写真データについても武雄市役所に依頼し消去済み。
  • 本日午前、書類に記載されていた方々に、経緯の説明と謝罪を行った。 

4 再発防止策
 部内職員に対し、「佐賀県個人情報保護の基本方針」、「佐賀県情報セキュリティ基本方針」に基づき、職員に対して個人情報保適切に取り扱うよう周知・徹底を行います。
 具体的には、

  • 所属内の個人情報が記載された書類等をやむを得ず持ち出す場合は事前に所属長の許可を必ず得ること
  • 個人情報を記載している書類については、廃棄予定の書類も含め、施錠管理できる場所に保管する等の徹底に取り組みます。
このページに関する
お問い合わせは
(ID:70906)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.