佐賀県総合トップへ

東京2020大会セルビア共和国3x3代表事前キャンプ実施について合意書を締結します!

最終更新日:

記者発表ヘッダー


 令和元年8月20日

スポーツ課 スポーツコミッション担当

担当者 飛松

直通 0952-25-7359

【E-mail】ssc@pref.saga.lg.jp

 

東京2020大会セルビア共和国3x3代表事前キャンプ実施について合意書を締結します!

 佐賀県スポーツコミッション(以下、「SC」という。)では、スポーツによる地域の活性化や県の情報発信を図るため、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、「東京2020大会」という。)など大規模国際スポーツ大会における海外チームの事前キャンプ誘致に取り組んでいます。

この度、東京2020大会に向けたセルビア共和国3人制バスケットボール(3x3スリーエックススリー)男子代表の事前キャンプの実施について下記のとおり合意書を締結します。東京2020大会に向けた佐賀県内での事前キャンプ実施が決定するのは、オランダ空手道、タイアーチェリー及びボート、ニュージーランド陸上競技、フィンランド選手団(最大16競技)に次ぐ6件目となります。

 

 

(1)日時

令和元年8月23日(金曜日) 10時15分~10時35分

 

(2)場所

  県庁来賓室(新館4階)

 

(3)出席者

 <セルビア側>

・セルビア共和国オリンピック委員会

強化部長 ダミール・シュタイネル(Damir Stajner)氏

 <佐賀県側>

・佐賀県 山口 祥義 知事

・唐津市 峰 達郎 市長 

・株式会社マッシヴドライヴ 加藤 慶也 会長 他

 

(4)経緯

佐賀県は、これまで3人制バスケットボールリーグ「3x3.EXE PREMIER」に参戦するプロバスケットボールチーム「KARATSU LEO BLACKS」が唐津市をホームタウンとしている縁から、佐賀県、唐津市及びKARATSU LEO BLACKSの運営会社である株式会社マッシヴドライヴが官民一体となり、事前キャンプ誘致を進めてきました。その中で、男子3人制バスケットボール強豪国(※)であるセルビア共和国にアプローチし、平成31年3月にシュタイネル氏がキャンプ地視察を実施。練習環境の質及び官民一体「チーム佐賀県」でサポートに取り組む体制が高く評価され、その後の交渉により、事前キャンプの実施について合意に至りました。

全国的に行政主導での事前キャンプ誘致が主流の中、本件は、官民一体となって取り組んだ佐賀県初の事例です。

 

  ※国際バスケットボール連盟(FIBA)

   3人制バスケットボール世界ランク1位(令和元年8月18日現在)

 

  ※同代表事前キャンプ受入決定については、令和元年7月19日付プレスリリースにてお知らせ済み。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:70342)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.