佐賀県総合トップへ

観光と釣り

最終更新日:
 

ご意見

 私は関東在住ですが、年に2~3回佐賀県(伊万里)に釣りに行きます。

飛行機代、宿泊代がかかるので、関東で釣りするより5倍はお金がかかります。

そのため、佐賀空港の1000円のレンタカーはとても助かっています。

また、佐賀空港は荷物のピックアップが早くて助かります。

 

 今釣り業界では「佐賀県が熱い!」と個人的に思っています。それは釣りYouTuberが佐賀県にたくさんいるからです。

代表的なところは、「釣りよかでしょう」、「釣りいろは」、「釣りみにまにも」です。

「釣りよかでしょう」は北九州市からの依頼で牡蠣を食べたり、船に乗っていたりします。

どうして佐賀県はPRを依頼しないのか不思議です。釣りをしない視聴者もたくさんいるので、PR効果は高いと思います。。

 

 また、観光案内では佐賀牛、伊万里牛、呼子のイカなどが大半を占めていますが、その他にも鶏肉や牡蠣をはじめとした様々な美味しいものがあります。関東と比較すると、値段もお手頃でもっと全国にPRすべきだと思います。

  

 今はTVよりYouTubeだと思います。

 

 

担当課の回答

 今回ご提案いただいたyoutubeを活用した観光PRについては、これまでも人気youtuberが県内スポットを巡る動画の配信や、ターゲットにあわせたyoutube動画を作成して国内外に映像を展開するなどの取り組みを行ってまいりました。昨年度は「釣りよかでしょう」さんや「釣りいろは」さんにも依頼し佐賀県PRを行っていただいており、発信力の強さを実感しているところです。

 そのほかにも、国内・海外の人気ブロガーを招聘して県内スポットを記事で紹介いただく事業や、カメラ好きな女子「カメラガールズ」によるツアーを開催して県内各地の知られざるスポットをSNSで発信する事業、アニメ「ゾンビランドサガ」による県庁展望ホールでのプロジェクションマッピングの開催など、多様化しているターゲットごとに、打ち出すジャンルやツールを変えながら県の魅力発信を行っています。

 また、食材についても、大変多くの県産品をご賞味いただきありがとうございます。ご意見のとおり、佐賀県には豊富な食材があることから、このたび「食のアカデミー賞」と呼ばれる「アジアベストレストラン50」を日本で初めて誘致いたしました。これを契機に食材や器などの地域資源をはじめ「世界に誇れる佐賀県」の魅力をしっかりと国内外に発信していきたいと考えております。

 

 ぜひ今後とも、引き続き佐賀県にお越しいただければ幸いです。

 

ご意見の担当課

地域交流部 観光課

TEL:(0952)25-7386

e-mail:kankou@pref.saga.lg.jp

このページに関する
お問い合わせは
(ID:70282)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.