佐賀県総合トップへ

「特定外来生物」オオキンケイギクについて

最終更新日:
 

オオキンケイギクとはどんな植物?

 オオキンケイギクは5月~7月に花を咲かせるキク科の植物で、道路沿いや河川敷、

 空き地など、日当たりのよい場所に群落を作ります。

 

 この花は繁殖力が高く、生態系を壊すことから、特定外来生物に指定され、

 栽培・生きたままの運搬・野外に放つ行為等が禁止されています。県内でも生育地を拡大し、在来種へ大きな被害を与えています。

 

とても華やかで目を惹く黄色い花ですが、ご自宅の庭や花壇、道沿い等に植えては絶対にいけません。

違反すると個人の場合は最大で300万円の罰金、もしくは3年以下の懲役が科せられます。

 

 オオキンケイギク集合 オオキンケイギク拡大

 出典:環境省HP「日本の外来種対策」別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

駆除にご協力をお願いします!

 

 ご自宅の敷地内や、地区の除草作業等で生育を確認した場合、下記や別添のチラシを参考に、駆除へのご協力をお願いします。

 

 

 1 個人で駆除する場合

 (1)根本から株を引き抜き、袋などに入れて天日に干し、完全に枯らせる。

 (2)燃えるごみとして各自治体の処理方法に従って処理する。

   ※ 枯死したオオキンケイギクは特定外来生物ではなくなり、規制の対象外となります。

 

 2 自治会やボランティア団体等で駆除する場合

 (1)地域の回覧板や掲示板、広報誌などを使用し、駆除の実施を事前に周知する。

 (2)根本から株を引き抜き、種などがこぼれ落ちないよう密閉したうえで、確実に処分する。

   例:ア 軽トラックの荷台に積み、ビニールシートで被覆したうえでゴミの焼却施設まで持ち込む。

     イ ビニール袋に詰めて完全に口を縛ったうえで一時的に保管し、燃えるごみの日にごみ収集所に出す。

 

  ※ 「生きたままの運搬・保管」は、事前公表を実施した上で、確実に処分されることが明確で、

    かつ逸出が不可能な状態を保って行われる場合、規制の対象外となります。

 

関連リンク

 環境省 九州地方環境事務所 外来生物対策-オオキンケイギクについて別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:70193)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.