佐賀県総合トップへ

吉野ヶ里遺跡報道30周年記念 シンポジウム「吉野ヶ里遺跡報道を語る」を開催します

最終更新日:

記者発表ヘッダー


 令和元年8月9日

佐賀県立博物館・美術館 学芸課 

担当者 細川

内線 3717 直通 0952-24-3947

E-mail:hakubi@pref.saga.lg.jp

 

吉野ヶ里遺跡報道30周年記念シンポジウム「吉野ヶ里遺跡報道を語る」を開催します

今から30年前、工業団地造成工事に伴い消滅の危機にあった吉野ヶ里遺跡。遺跡保存への大転換は、新聞やテレビによる報道が大きなきっかけとなりました。

 報道直後の吉野ヶ里遺跡では、マスコミ各社が取材合戦を繰り広げ、毎日のように遺跡の最新情報を報道しました。この報道により吉野ヶ里遺跡に関心を持つ大勢の見学客が、遺跡に押し寄せ「吉野ヶ里フィーバー」と呼ばれる社会現象を巻き起こしました。

 今回のシンポジウムでは、下記により当時、吉野ヶ里遺跡の報道に携わった新聞やテレビの記者の方々をパネラーとして招き、取材合戦の裏側やこぼれ話などについて熱く語っていただきます。また、吉野ヶ里遺跡に関する報道が果たした役割と今後の文化財報道のあり方について提言していただきます。

 

 

1 日時    令和元年8月24日(土曜日)開場:13時/開演:13時30分

 

2 会場    佐賀県立美術館ホール(佐賀市城内一丁目15-23)

 

3 定員       400名 

4 参加料   無料(事前申込み不要)

 

5 プログラム

          13時30分 開会・主催者挨拶

          13時35分 基調講演 七田忠昭(佐賀城本丸歴史館館長)

                          「吉野ヶ里遺跡とマスメディア‐調査員の視点から‐」

                           14時30分 シンポジウム「吉野ヶ里遺跡報道を語る」

                                  コーディネーター   寺崎 宗俊(佐賀新聞社)

                                  パネラー       出川 展恒(NHK)

                                      内田信子(サガテレビ)

                                      蝶名林薫(朝日新聞社)

                                      萩原  智(読売新聞社佐賀支局)

                                      勝野昭龍(毎日新聞社)

                                      遠矢浩司(西日本新聞社)

                           16時30分 終了(予定)

                         ※ コーディネーター・パネラーの肩書は、取材当時のものです。

 

6 その他           博物館・美術館は駐車場のスペースが限られています。御来館の際は、公共 交通機関の利用をおすすめします。

調査当時の吉野ヶ里遺跡 南内郭

調査当時の吉野ヶ里遺跡 南内郭

 

墳丘墓の取材陣
墳丘墓の取材状況

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:70132)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.