佐賀県総合トップへ

ホストタウン構想

最終更新日:

 ホストタウンとは、東京オリンピック・パラリンピック開催を契機に、日本の地方自治体が大会参加国・地域と交流を深める取組です。

 国が推進しており、全国で400以上の自治体がホストタウンに登録されています。(2020年3月31日現在)

 

佐賀県内のホストタウン登録状況

2020年5月1日現在

 自治体名

 相手国

 登録年月

 佐賀県

 オランダ

 ニュージーランド、フィジー

 タイ

 フィンランド

 2016年1月

 2016年6月

 2018年2月

 2019年2月

 佐賀市

 オランダ、ニュージーランド、フィジー

 フィンランド

 2017年7月

 2020年2月

 唐津市 セルビア 2019年6月
 嬉野市 オランダ、ニュージーランド、フィジー 2016年12月

 

 

佐賀県とホストタウン相手国のつながり

 佐賀県とホストタウン相手国のつながりについては、以下のファイルをご覧ください。

 

佐賀県のホストタウン交流の取組

 県は、5ヵ国(オランダ、ニュージーランド、フィジー、タイ、フィンランド)のホストタウンに登録されており、東京オリンピック・パラリンピックの事前キャンプ受入をはじめとしたスポーツ交流、相手国の文化にふれることができる文化交流、青少年同士の交流などを中心に取り組んでいます。

 他にも有田焼やデザインを通じた交流など幅広い分野で交流を行っており、各国の駐日大使館や県内の国際交流団体などの関係団体とも連携を図っています。 

 

●東京オリンピック・パラリンピックの事前キャンプ

 現在、県内で5ヵ国による東京オリンピック・パラリンピックに向けた事前キャンプが決定しています。

事前キャンプ地図

※タイ・パラアーチェリーのみパラリンピックの事前キャンプ、その他は全てオリンピックの事前キャンプ

※今後、出場権の獲得状況等により国・競技数に変更の可能性あり


●スポーツ交流
 国際大会に出場する海外選手団のキャンプ誘致を積極的に行っており、佐賀を訪れたトップアスリートとの交流のチャンスもあります。様々なスポーツ競技を体験できるイベントや、青少年によるスポーツ交流も行っています。

 スポーツに関する詳しい情報は、関連リンクをご覧ください。

 

タイ・アーチェリー交流ニュージーランド・陸上交流

タイ・アーチェリー交流(2018年)

ニュージーランド・陸上交流(2019年)

  

●文化交流

 音楽・食・伝統舞踊など、相手国の文化を体験できる文化交流イベントを実施しています。また、佐賀の文化的な魅力を国内外に発信し、お互いの文化に対する相互理解・愛着を深めます。

 文化交流イベントに関する詳しい情報は、関連リンクをご覧ください。

タイフェスティバルフィンランドウィーク

タイフェスティバル(2019年)

フィンランドウィーク(2019年)


●青少年交流

 県内の青少年が相手国を訪問したり、相手国の青少年を佐賀に招へいし、学校交流やホームステイ等を通して海外の多様な文化にふれる交流プログラムを実施しています。佐賀と相手国との交流のかけ橋となる人材を育成します。

オランダ青少年交流ニュージーランド青少年交流

オランダ青少年交流(2019年)

ニュージーランド青少年交流(2018年)

 

 2019年度までの主なホストタウン交流の取組については、以下のファイルをご覧ください。

 

2020年度の交流の取組

 
 

関連リンク

   スポーツに関する詳しい情報は、こちらをご覧ください。

   文化交流イベントに関する詳しい情報は、こちらをご覧ください。

   ホストタウンの制度や全国の取組状況などは、こちらをご覧ください。

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:69339)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.