佐賀県総合トップへ

「SAGA BLUE PROJECT」が本格始動しました~安全安心な佐賀へ想いを込めてイベント第一弾「佐賀のあおぞらにバルーンをえがこう」開催~

最終更新日:


記者発表ヘッダー


 令和元年5月17日

 佐賀県くらしの安全安心課

 交通事故防止特別対策室

 担当者 森

 直通 0952-25-7060

【E-mail】kurashianzen@pref.saga.lg.jp

 

 佐賀県は、交通事故発生率ワーストレベル脱却のために、県管理道路の交差点のカラー化や県民の交通安全意識醸成のための取組など、デザインのチカラを活用して交通安全意識改革を目指す「SAGA BLUE PROJECT」に取り組んでいます。
 本日5月17日午前、「SAGA BLUE PROJECT」の本格始動となるイベント第一弾「佐賀のあおぞらにバルーンをえがこう」を開催しました。

 

知事挨拶の様子子供たちが絵を描く様子集合写真

 

 「佐賀のあおぞらにバルーンをえがこう」は、佐賀県の交通事故の状況を多くの方に知ってもらうとともに、交通事故削減の取組である交差点のカラー化に気付いていただき、佐賀の交通安全について改めて考える機会として実施しました。本イベントでは県民を代表して佐賀市立赤松小学校の子どもたちが、ブルーにカラー化された佐賀県庁正門前交差点に、佐賀の広い空に飛び立つ100機を超えるカラフルな熱気球を描き、山口祥義佐賀県知事とともに記念撮影をおこないました。

 

山口祥義佐賀県知事は「たくさんのバルーンが大空に飛び立つように、交通安全の意識がもっともっと県民に広がるようにしたい。子どもたちの未来を守っていこうと強く思った」と感想を述べました。

 また、本プロジェクトのクリエイティブ・ディレクター永井一史氏からは「デザインとは物事をよくしていくこと。人の意識を変え、行動を変える力がデザインにはあります」、子どもたちとともにバルーンを描いたアーティストのミヤザキケンスケ氏からは「この取組が、佐賀のみなさんの交通安全につながることを願います」との感想をいただきました。

 「SAGA BLUE PROJECT」は、本イベント以降も、交差点のカラー化などのハード事業と県民参加型イベントなどのソフト事業の双方に取り組み、その相乗効果による交通事故削減・交通安全意識改革に取り組んでまいります。

 

交差点カラー化写真
■「SAGA BLUE PROJECT」について
・県管理道路において、交通事故抑止対策として進めている「交差点のカラー化」というハード面の取組に、新たにデザインのチカラを活用し、交通安全意識改革を目指すプロジェクト。
・クリエイティブディレクターに、デザインによるブランディングの第一人者である永井一史氏が就任。
・平成30年10月に立ち上げ、令和元年度から本格的に展開。

 

■「SAGA BLUE PROJECT」ロゴ

ロゴマーク

(ブランドロゴ開発)

アートディレクター/クリエイティブディレクター

永井一史氏(HAKUHODO DESINGN 代表取締役社長)

 

■「SAGA BLUE PROJECT」ポスター

本日以降、県内市町・関係団体に配布・掲出予定です。

ブループロジェクトポスター

このページに関する
お問い合わせは
(ID:68547)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.