佐賀県総合トップへ

佐賀県立博物館テーマ展「最上大業物 忠吉と肥前刀」の展示がスタートしました

最終更新日:

記者発表ヘッダー


平成31年(2019年)4月16日

佐賀県立博物館・美術館 学芸課 

担当者 川副麻理子 立畠敦子

内線 3717 直通 0952-24-3947

E-mail:hakubi@pref.saga.lg.jp

 

佐賀県立博物館テーマ展「最上大業物 忠吉と肥前刀」の展示がスタートしました

佐賀県立博物館3号展示室で、「最上大業物 忠吉と肥前刀」の展示が下記よりタートしました。

佐賀城下で活動した忠吉とその一門は、江戸時代を通じて100人を超える刀工を輩出し、隆盛を極めました。肥前刀と呼ばれるその作品は「最上大業物」といわれる最高級の評価付けをされるものも作られ、将軍家への贈答用として用いられました。

この展覧会では、歴代忠吉とその一門の作品を紹介し、併せて、鎌倉時代から室町時代の名刀を紹介するものです。今回の中心となるのは、文禄・慶長の役で連れてこられのちに鍋島直茂の祐筆(ゆうひつ)(書記)となった洪浩然の刀と伝わるものや、幕末に活躍した江藤新平の刀など佐賀ゆかりの作品です。佐賀県内の刀剣展としては、平成16年に開催しました「よみがえる肥前刀」以来の大規模な展覧会となります。佐賀が生んだ名刀の数々をお楽しみください。

 なお、刀剣類については、会期中展示替えを行います。

 

                                                                    記

1 展覧会名称  「最上大業物 忠吉と肥前刀」

 

2 会期     平成31年(2019年)4月12日(金曜日)~7月15日(月曜日・祝日)

         ※毎週月曜日及び5月7日(火曜日)は休館

          但し、4月29日(月曜日・祝日)、5月6日(月曜日・祝日)は開館

 

3 開館時間      9時30分~18時

 

4 会場          佐賀県立博物館3号展示室

 

5 展示予定件数  総展示件数75件(別添一覧)


syodaitadayoshi keicyou5nenmei
 慶長5年銘 刀 初代忠吉 作

  初代忠吉

  元亀3(1573)年佐嘉下郷長瀬(現佐賀市高木瀬町長瀬)に生まれ、慶長元年国主の命により佐賀城下へ移る。元和10(1624)年に武蔵大掾を受領し、忠廣と改名。寛永9(1632)年61歳で没

kaneyoshi etoushinpeihaitou

江藤新平佩刀 吉包 作

  吉包

  佐賀郡本庄村鹿ノ子(現佐賀市本荘町)に生まれる。八代忠吉の門下に入り修行をはじめる。明治15(1882)年56歳で没

 

6 観覧料       無料

 

7 主催               佐賀県立博物館

 

8 問い合わせ

         佐賀県立博物館・美術館  川副麻理子、立畠敦子

                        〒840-0041 佐賀市城内1-15-23

                         TEL:0952-24-3947  FAX:0952-25-7006

                         E-mail: hakubi@pref.saga.lg.jp

                         博物館・美術館HP http://saga-museum.jp/museum/

 

添付資料

このページに関する
お問い合わせは
(ID:68164)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.