佐賀県総合トップへ

公立小学校の教諭に対して懲戒処分を行いました

最終更新日:
記者発表ヘッダー
 

平成31年(2019年)3月27日

教職員課

担当者 副課長 藤﨑、副課長 久冨

内 線 3249、3232 直通 0952-25-7226

E-mail:kyoushokuin@pref.saga.lg.jp
 
 

 

 

公立小学校の教諭に対して懲戒処分を行いました

公立小学校の教諭が起こした不祥事案について、本日、当該教諭に対して懲戒処分を行いました。

 1 処分の概要

(1) 被処分者     佐賀市立小学校 教諭 男性 50歳代

(2) 処分内容     懲戒処分(免職)

(3) 処分年月日  平成31年3月27日

(4) 処分の理由  地方公務員法第29条第1項第1号、第2号及び第3号

※ 第1号・・・法令違反、第2号・・・職務上の義務違反、

第3号・・・全体の奉仕者たるにふさわしくない非行

(5) 退職手当  退職手当の全部を支給しない。

※ 佐賀県職員の退職手当に関する条例第12条第1項

2 事案の概要

被処分者は、昨年5月頃から今年3月にかけて、校舎内で複数の女子児童のスカート内をデジタルカメラで写す行為を複数回行った。

※被害児童に配慮し、個人の特定につながる詳細な情報の提供は控えさせていただきます。

 

3 本人の弁

児童、その保護者の心を深く傷つけるだけでなく、学校への信頼を失わせてしまいました。そして、校長先生をはじめとする諸先生方へ、計り知れない多大なご迷惑をおかけしています。校長先生は、常日頃から信用失墜行為を起こさないよう、ご指導してくださっていました。それにもかかわらず、このような事態を招いたのは私の軽率、正しい判断ができなかったことによるものです。すべてを台無しにしてしまった自分が情けなく、悔しくてなりません。かなうなら、子ども達や皆様に謝罪したい思いです。

 

4 管理監督責任に係る服務上の措置

所属職員の管理監督が不十分であったため、校長に対し、本日、佐賀市教育委員会において、文書訓告の措置が行われました。

 

5 再発防止について

本日付けで各市町教育委員会教育長及び各県立学校長あてに通知し、不祥事の発生防止について職員一人ひとりへの綱紀粛正の徹底を図りました。

新年度を迎えるに当たり、校長会や研修会等の場において、服務規律及び高い倫理観の保持等について、引き続き徹底した指導を行ってまいります。

 

6 白水 敏光 教育長コメント

本県公立小学校教諭が女子児童に対して盗撮行為を行うというあるまじき不祥事が発生しました。特に、児童生徒の身を預かる教師という立場にある者がこのような行為に及ぶということは、絶対にあってはならないことです。被害に遭われた児童及び保護者の方をはじめ、県民の皆様に心よりお詫び申し上げます。

県教育委員会といたしましては、学校教育に対する県民の皆様の信頼回復のため、職員一人ひとりの自覚を強く促し、高い倫理観を持って行動するよう、市町教育委員会や学校関係者とともに服務規律の徹底に全力を挙げて取り組んでまいります。

 

(参考)過去5年の類似事案

年度

校種等

職名

処分年月日

処分事由

処分内容

H27

県 立

教 諭

H27.8.25

盗撮

免 職

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:67839)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.