佐賀県総合トップへ

県立九州陶磁文化館が韓国国立光州博物館と学術交流協定を締結します~陶磁器による日韓交流をスタート ~

最終更新日:

記者発表ヘッダー


平成31年(2019年)3月25日

九州陶磁文化館 

担当者 家田

直通 0955-43-3681

【E-mail】kyuto@pref.saga.lg.jp

 

県立九州陶磁文化館が韓国国立光州博物館と学術交流協定を締結します~陶磁器による日韓交流をスタート~

  佐賀県立九州陶磁文化館と大韓民国・国立光州博物館は、両館の友好関係と相互発展に寄与するために、陶磁器研究を中心とした学術交流協定を締結することとなりました。
  九州陶磁文化館は、これまで陶磁器を所蔵研究している欧米、アジアなどの博物館、美術館と肥前の陶磁器の調査研究を介した交流事業を行ってきました。
  今回の学術交流協定もその一環として、韓国の国立博物館の中で、陶磁器を主なテーマとして活動を行うこととなった光州博物館と相互の陶磁器研究の発展を目的として行うもので、光州博物館館長が来館され、下記のとおり締結式を行います。

1 日時     平成31年3月27日(水曜日)10時30分~11時00分
2 場所     県立九州陶磁文化館 応接室
3 締結者  金承熙(キム・スンヒ)        大韓民国国立光州博物館長
                 鈴田由紀夫(すずた・ゆきお) 佐賀県立九州陶磁文化館長
4 内容     「日本国・佐賀県立九州陶磁文化館と大韓民国・国立光州博物館における学術交流に関する協定書」締結式
5 締結内容の概要
                (1)締結期間
                      締結日より5年間(2019年3月27日~2024年3月26日の予定)
                (2)活動内容
                      両館は、各自の条件が許す範囲の中で、次の5項目についての活動を行う。
                      1. 所蔵品の相互貸借及び展覧会の開催
                      2. 共同研究及び学術研究大会等の学術活動
                      3. 研究者の相互訪問及び研修
                      4. 学術情報及び学術刊行物の交換
                      5. その他、両館における交流及び親善促進に関する事項
6 資料(添付資料)  「日本国・佐賀県立九州陶磁文化館と大韓民国・国立光州博物館における学術交流に関する協定書」(日本文)


 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:67774)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.