佐賀県総合トップへ

平成31年地価公示が公表されました(佐賀県分)の概要

最終更新日:
 


記者発表ヘッダー


  平成31年3月19日
土地対策課 計画調整担当
担当者 小路、塚原
内線 2654  直通 0952-25-7034
E-mail: tochitaisaku@pref.saga.lg.jp

 

平成31年地価公示が公表されました。~佐賀県分の概要をお知らせします~

 地価公示は、国土交通省の土地鑑定委員会が、主に都市計画区域内で選定した標準的な画地について不動産鑑定士に鑑定評価を求め、毎年1月1日時点の正常な価格を判定して、3月に公表されるものです。

 これは、地価公示法に基づき実施されるもので、一般の土地の取引価格の指標となるとともに、公共事業用地の取得価格算定の規準とされる等、適正な地価の形成に寄与することを目的としています。

 このたび、平成31年の結果が公表されましたが、佐賀県分の概要は以下のとおりです。

 

【実施状況】

1 対象地域及び地点数

 (1)対象地域 都市計画区域を定めている10市6町

 (2)地点数  137地点(平成30年137地点)

 (3)用途別標準地数

 用途

住宅地

宅地見込地

商業地

工業地

 計

 地点数

 91

1

 42

3

 137

 

2 価格時点

 平成31年1月1日 

 

3 価格の判定

 国土交通省の土地鑑定委員会が、各標準地について、2人の不動産鑑定士の鑑定評価を求め、その結果を審査し、必要な調整を行って、正常な価格を判定したものです。

 正常な価格とは、土地について、自由な取引が行われるとした場合におけるその取引において通常成立すると認められる価格のことをいいます。

 

【地価の状況】

1 県全体の概況

○ 県全体の対前年平均変動率は、すべての用途において上昇した。

  • 住宅地の対前年平均変動率は、平成10年以来21年ぶりに上昇した。
  • 住宅地の平均変動率が佐賀市、鳥栖市、小城市、吉野ヶ里町、基山町は昨年に続き、2年連続上昇した。(※注 佐賀市、吉野ヶ里町、小城市は合併前を含む)
  • 商業地の対前年平均変動率は、平成4年以来27年ぶりに上昇した。(平成4年の対前年平均変動率4.3%)
  • 商業地の平均変動率は、佐賀市、鳥栖市で3年連続上昇した。嬉野市は平成10年以降21年連続下落だったものが下げ止まり、地価が前年同額となった。(※注 嬉野市は合併前を含む)
  • 工業地の平均変動率は、3年連続上昇した。

 

<用途別対前年平均変動率>

 区分

住宅地 

 宅地見込地

商業地 

工業地 

 平成31年

 0.3%

1.3% 

 0.3%

 9.0%

 平成30年

 0.0%

0.7%

 △0.1%

 5.5%

 

○ 継続地点(134地点)別の対前年変動率では、住宅地40地点、宅地見込地1地点、商業地15地点、工業地3地点が上昇、また、19地点が横ばいとなり、上昇又は横ばいとなった地点数が、前年調査に比べ13箇所増加。

 

<継続地点で見た地価上昇・横ばい・下落地点数>

 区分

 上昇

 横ばい

下落 

 合計

 平成31年

59

 19

56

 134

 平成30年

46

 19

69

 134

 

 ○ 景気の緩やかな回復、雇用環境の改善に加え、住宅ローン減税、低金利政策等を背景とした需要の下支え等により、平成3年から28年ぶりにすべての用途において上昇に転じた。

 特に利便性や住環境等の立地条件が良好な住宅地、商業地では上昇基調を見せている。

 

2 住宅地

○ 調査地点数は91地点。

○ 県全体の対前年平均変動率は0.3%で、前年の0.0%から上昇。

○ 市町別対前年平均変動率の高位順は、鳥栖市(1.3%)、佐賀市(1.1%)、吉野ヶ里町(1.0%)の順。

○ 市町別対前年平均変動率の低位順は、多久市(△1.8%)、有田町(△1.3%)、白石町(△1.0%)の順。

○ 住宅地標準地の最高価格は、標準地番号「佐賀-7」(佐賀市八幡小路130番外)の70,500円/平方メートル(対前年変動率6.3%)で、昭和57年から38年連続。

○ 上昇率が一番大きかった標準地は、標準地番号「佐賀-26」(佐賀市兵庫北5丁目151番)の7.5%。下落率が一番大きかった標準地は、標準地番号「佐賀-22」(佐賀市大和町大字川上字渡内四割693番3)の△3.4%。

 

3 商業地

○ 調査地点数は42地点。

○ 県全体の対前年平均変動率は0.3%で、前年の△0.1%から上昇に転じた。

○ 市町別対前年平均変動率の高位順は、佐賀市(2.6%)、鳥栖市(1.8%)、嬉野市(0.0%)の順。

○ 市町別対前年平均変動率の低位順は、伊万里市及び有田町(△2.5%)、吉野ヶ里町及び白石町(△1.8%)、神埼市(△1.7%)の順。

○ 商業地標準地の最高価格は、標準地番号「佐賀5-10」(佐賀市駅前中央1丁目152番1)の233,000円/平方メートル(対前年変動率5.0%)で、平成19年から13年連続。

○ 上昇率が一番大きかった標準地は、標準地番号「佐賀5-1」(佐賀市神野東2丁目2658番地)の10.7%で3年連続。下落率が一番大きかった標準地は、標準地番号「伊万里5-1」(伊万里市伊万里町字新町甲43番外)の△3.8で4年連続。

 

 

添付ファイル


         


         


         


        このページに関する
        お問い合わせは
        (ID:67632)
        佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
        Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

        佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

        〒840-8570
        佐賀市城内1丁目1-59
        Tel:0952-24-2111(代表)
        Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.