佐賀県総合トップへ

台湾の大学生が知事を訪問します~九州佐賀国際空港を利用した筑後佐賀圏域の交流促進を目指して~

最終更新日:

記者発表ヘッダー


 平成31年1月18日

【筑後佐賀圏域事業に関すること】

政策部 企画課

担当者 堤、遠藤

直通 0952-25-7360

【E-mail】kikaku@pref.saga.lg.jp

 

【九州佐賀国際空港の台湾便に関すること】

地域交流部 空港課

担当者 松村

直通 0952-25-7104

【E-mail】kuukou@pref.saga.lg.jp

 

台湾の大学生が知事を訪問します

~九州佐賀国際空港を利用した筑後佐賀圏域の交流促進を目指して~

佐賀県では歴史・文化・経済的に密接なつながりのある福岡県筑後エリアとの一体的な発展を目指した交流・連携に取り組んでいるところです。

このたび、台湾の嶺東(れいとう)科技大学(台中市 校長:趙志揚)で日本語を学ぶ学生が福岡県大川市並びに久留米市で研修を行うにあたり、大川市議会議長の案内のもと、下記のとおり山口知事を訪問します。

 

 

1 日時 平成31年(2019年)1月21日(月曜日)  11時~11時15分

 

2 場所 庁議室(県庁新館4階)

 

3 訪問者 

   ・大川市議会議長 川野栄美子氏

 ・台湾 嶺東科技大学 助理教授 林美秀(りんびしゅう)氏 

              応用日本語クラス 学生 9名

  (同行者)

   ・久留米大学 地域連携センター 学長特命講師 松下愛氏

          学生(地域学演習受講生) 2名

   ・NPO法人海路明(うじあけ) 5名

 

4 経緯と趣旨

大川市では、台湾の2大学(南台科技大学、呉鳳科技大学)の学生の日本語研修、インターンシップ受入れを行う等の交流を行っている。

今般、呉鳳科技大学の日本語学科主任の林美秀氏が、嶺東科技大学に新設された応用日本語クラスの責任者として着任し、1月20日から学生の日本研修が大川市、久留米市で実施されることとなった。

従来は福岡県内だけの訪問・研修であったところ、1月7日に開催された大川地区合同新年祝賀会に山口知事が出席されたことを機に、大川市議会議長の川野氏から大川市と台湾の大学との交流等に関して知事に紹介したい旨の申し出がなされた。

佐賀県では「筑後佐賀一体圏域」として筑後圏域との交流・連携に取り組んでいるところであり、また、2018年10月に九州佐賀国際空港に定期便が就航した台湾便(週2往復)の利用促進の観点から、今後の交流推進につなげる場とするもの。

 

5 その他 

(1)嶺東科技大学について

  台湾台中市にある技術・職業教育系の私立大学。

董事長:張天津、校長:趙志楊。学生数10,389人(2017年)。

  1964年に嶺東会計専科学校として開校(創立)し、1999年嶺東技術学院を経て、2005年嶺東科技大学に改組転換。

管理学部、財経学部、情報学部、デザイン学部、ファッション学部の5学部。

 

(2)嶺東科技大学(管理学部 応用外国語学科)の日本研修日程

    1月20日(日曜日) 台湾から福岡入り

    1月21日(月曜日) 佐賀県知事訪問、大川市研修(木工、観光)

    1月22日(火曜日) 久留米大学(経済、観光)

    1月23日(水曜日) 久留米大学(経済、観光)

    1月24日(木曜日) 福岡市内観光

    1月25日(金曜日) 福岡から帰国

 

(3)同行者(久留米大学及びNPO法人海路明)について

 ・ 久留米大学は大川市と包括連携協定を締結しており、今回の嶺東科技大学の日本研修は、久留米大学の国際交流及び地域学演習の一環として受け入れられる。

 ・ NPO法人海路明は、川野議長が代表を務める大川市の国際交流団体。

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:66623)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.