佐賀県総合トップへ

オランダハウスを拠点に活動するアーティスト ヴィクター・エンバース氏の作品発表&アーティストトークを開催します

最終更新日:

記者発表ヘッダー


 平成30年10月24日

政策課 さがデザイン担当

担当者 堀岡

直通 0952-25-7032 内線 1415

【E-mail】seisaku@pref.saga.lg.jp

 

オランダハウスを拠点に活動するアーティスト ヴィクター・エンバース氏の作品発表&アーティストトークを開催します。

 肥前さが幕末維新博覧会のパビリオンの一つ「オランダハウス」では、幕末維新期に佐賀の近代化に影響を与えた「オランダ」について、県民の皆様がよく知り、身近に感じ、そして、オランダの人たちとのつながりを深めて、未来を創っていけるよう、デザイン、アート、食、水辺などをテーマにした事業を行っています。

 この事業の一つとして、アーティスト・イン・レジデンス(滞在型創作活動)を実施しており、その5人目のアーティストであるヴィクター・エンバース氏が、8月下旬から佐賀に滞在し、佐賀県内の伝統工芸や特産品及び地域の方々などと触れ合いながら創作活動を行ってきました。

 このたび、約2か月に渡って創作してきた彼の作品発表とアーティストトークを下記のとおり開催しますのでお知らせします。

 

 

1    日時 平成30年10月28日(日曜日)14時から15時頃まで

 

2    場所 オランダハウス ダッチギャラリー

   佐賀市呉服元町8-1(旧佐賀銀行呉服町支店)

(駐車場は近隣の有料駐車場をご利用ください。)

 

3 内容

   (1)アジアと自分のルーツの関わり方について

   (2)日本の色がもたらすインパクト

   (3)佐賀の路上を歩いてみて

   (4)刺繍プロジェクト:その目的とモチーフ

   (5)刺繍を通じての地域の方々との対話と思い出

   (6)ネクスト・プロジェクト:アートは世界を変えられるか

   (7)佐賀の未来の可能性

 

4 参加費 無料

 

5 アーティスト紹介

 ヴィクター・エンバース(Victor Engbers)/ 学際的マルチアーティスト

  ・創作活動 8月27日(月曜日)から11月9日(金曜日)まで 

  ・企画展  10月28日(日曜日)から11月9日(金曜日)まで

アムステルダムを拠点に世界各地で活躍する。オランダのライデン大学を卒業後、ジャーナリストとして活動した後、アーティストとして本格的な創作活動に入る。双方向型プロジェクト、パフォーマンス、彫刻、インスタレーション、グラフィック、照明アート等々、創作領域は多岐に渡る。そのいずれもが世界を広く捉え、アートを見つめるまなざしに新しい道を切り開こうという意欲にあふれている。人間の固定観念が作り出す「こうでなければならない」という縛りを超えて行きたいという志が、彼の原動力となっている。

 ヴィクター ヴィクター作品 クヌート 創作活動の様子

添付資料

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:65370)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.