佐賀県総合トップへ

馬場酒造場

最終更新日:

 

第2015-2号 馬場酒造場 【鹿島市三河内】

 

概要

 

遺産にまつわる物語

 

 馬場酒造場は、江戸時代末期(1795年)に創業。経ヶ岳を源流とする中川のほとりに位置しており、緑の山々に囲まれ、日本の原風景的な眺めの一角をなす。仕込み時期に酒米を蒸すときの湯気が勢いよく立ち上がる姿は、地域の代表的な景観となっている。

 

 

建物の特徴

  建物は、明治初期以前の建築と考えられる木造2階建ての第一蔵をはじめ、お酒の製造工程に合わせて複数の蔵が連続して敷地内に配置されている。第一蔵の西側は事務所、主屋まで連続した外壁面が道路・水路と調和した景観を成している。

 

 

保存や活用の取組

 

 酒造りにおいては創業以来約200年に渡って地元原料にこだわり、多良岳系伏流水と鹿島産米を使用している。特に近年は鹿島産山田錦を使用し、召集の熟練者のみで高品質の酒造りを続けてきた結果、かつての地名”能古見村”に由来した銘柄「能古見」を立ち上げ、様々な鑑評会でじゅしょうを果たした。近年は「酒蔵ツーリズム」と呼ばれる酒蔵巡りイベントを市内の酒蔵5蔵とともに開催しており、佐賀の酒を盛り上げている。

 
                        馬場酒造場

 

アクセス

  
 


 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:61951)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.