佐賀県総合トップへ

オランダの展示会「MONO JAPAN 2018」で佐賀のものづくりをPRしました

最終更新日:

記者発表ヘッダー


 平成30年2月23日

国際課 企画担当

担当者 本多、江頭

内線 2262 直通 0952-25-7328

E-mail:kokusai@pref.saga.lg.jp

 

オランダの展示会「MONO JAPAN 2018」で佐賀のものづくりをPRしました

佐賀県は、2016年10月31日にオランダ王国大使館と「クリエイティブ連携・交流協定」を締結し、佐賀県とオランダとのクリエイティブ分野での連携や、文化芸術・スポーツをはじめとする幅広い分野での交流を進めていくこととしています。

このたび、オランダにおける佐賀のクリエイティブ分野への認知向上のため、オランダで2月15日(木曜日)から19日(月曜日)まで開催された、日本のクラフト及びデザインプロダクトの展示販売会「MONO JAPAN 2018」に出展しましたので、その様子をお知らせします。

 

 

1 佐賀県の出展概要

  テーマを「Connecting the dot’s -Tradition and Creativity of Saga」とし、伝統や地域性を引き継ぎながらも、その技術や意味を再解釈し、新たなクリエイティブを生み出しているプロダクトの展示、佐賀の様々な伝統工芸品や工業製品などを紹介するマップの配布、加えて、オランダの方々に佐賀のものづくりを身近に感じてもらうため、尾崎(おさき)人形の絵付け体験のワークショップを開催するなど、佐賀の多様なものづくりの幅と質の高さをPRしました。

 

 ブース1   ブース2

(1)展示物

・手漉き和紙(紙漉思考室:唐津市)

 ・郷土玩具 尾崎人形(尾崎人形保存会:神埼市)

 ・陶磁器(JICON/今村製陶:有田町)

 

(2)ワークショップ

・内容   尾崎人形絵付け体験(指導:尾崎人形保存会 高柳 政廣 氏)

 ・開催回数 全3回(平成30年2月16日及び17日)

 ・参加者数 合計20人

 ワークショップ1   ワークショップ2

 

(3)来場者コメント

・有田には行ってみたいと思っていたが、佐賀県とは知らなかった。他にもアートや工芸があるということなので、ぜひ行ってみたい。

・伝統を大切にしつつ、新たな技術や表現を追求する日本のクラフトは素晴らしい。こうした新しい才能が増えていることを知ることができてよかった。

・(和紙の技術などに関して)自分の作品や建築でぜひ使ってみたいので、連絡先を教えて欲しい。

 

 

2 MONO JAPAN 2018について

オランダの首都アムステルダムで開催される、日本のプロダクトに特化した展示・即売会。2016年に開始し、今回が3回目の開催。部屋ごとにデザインの異なるロイドホテルの客室が、各出展ブースとなっている。

(1)日時     平成30年2月15日(木曜日)から2月19日(月曜日)まで

         10時00分から18時00分まで(15日は招待者のみ18時30分から21時00分まで)

(2)場所     ロイドホテル Lloyd Hotel & Cultural Embassy (アムステルダム、オランダ)

(3)来場者数   約3,200人(日本のクラフト、デザインプロダクトに興味を持つ来場者が多数)

(4)公式サイト  http://monojapan.nl/jp/home-jp.html

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:60335)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.