佐賀県総合トップへ

トライアル発注 制度の概要

最終更新日:
 佐賀県では、平成15年度から全国初となる「トライアル発注事業」を実施しています。

 トライアル発注とは、県内の中小企業等が開発した製品等について、県の機関が試験的に発注し、また使用後は当該製品等の有用性を評価し、官公庁での受注実績をつくることにより、販路の開拓を支援するなど、県内企業の育成を図るための制度です。

フロー 

制度の概要

1.対象製品の要件

 一般枠とテクノロジー枠を設け、各々次に掲げる要件の全てを満たすものが対象となります。

(1)一般枠

ア  県内に主たる事業所を有する中小企業等が開発した製品等であること

 (ただし、災害対策に資さない食品及び飲料は除く)

イ  県の機関での受注実績が少なく、市場での流通が十分ではないこと

ウ  市場性が見込まれる製品等であり、次のいずれかに適合すること

  (ア)新規性や独創性が認められること

  (イ)優れた製品特性を有し、環境対応、省エネ、省資源など県の行政目的の実現に有効であると認められるものであること。

エ  県の機関が調達している、又は県の機関における事務・事業遂行上の使途が見込まれる製品であること

 

(2)テクノロジー枠

ア  AI・IoTなどの技術を利活用した製品等であること

イ  県内に主たる事業所を有する企業等が、開発や導入支援を行う製品等であること

ウ  県の機関での受注実績が少なく、市場での流通が十分ではないこと

エ  市場性が見込まれる製品等であること

オ  県の機関が調達し、又は県の機関における事務・事業遂行上の使途が見込まれる製品であること

 

2.公募及び審査

  • 公募は、原則として毎年度1回行います。
  • 受付後、内容について審査のうえ、専門機関や使用機関による審査会を行い、新規性・独創性があり、今後の市場拡大が見込まれるもののうち、県による使用が可能なものを選定・発注します。
  • 県の機関による使用後は、ユーザーとしての立場からの評価を行い、製品の有用性等について判断するとともに、応募企業等には、その結果をその後の市場開拓・顧客創出に活かしていただくこととしています。
 

3.選定・評価実績

 令和元年度までに610件の応募があり、うち、230件を選定しています。

 また、このうち使用機関による評価を行った223件について、その結果を公表し、製品開発や販路開拓の参考にしていただいています。 

 選定・評価結果については「トライアル発注選定・評価情報」のページでご覧いただくことができます。 

 

 あわせて、 個々の製品情報等については、トライアル発注全国ネットワークの「佐賀県の製品一覧別ウィンドウで開きます(外部リンク)」でも検索・ご覧いただくことができます。

 

4.その他

  • 佐賀県での制度導入以降、全国各地で同様の制度の創設等がなされたことから、平成19年度には全国ネットワークを設けました。詳しくは「トライアル発注全国ネットワーク」のページをご覧ください。
  • トライアル発注企業の販路開拓を支援するため、トライアル倶楽部を設け、これまで県内におけるプレゼンテーションやマッチングの場を設けてきました。また、平成25年度からは、新たに「トライアル倶楽部首都圏商談会及び販路開拓フォローアップ事業」を開催することとしています。 
 

参考資料



   

このページに関する
お問い合わせは
(ID:26973)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.