佐賀県総合トップへ

環境保全型農業直接支払交付金

最終更新日:
 

事業の概要

 農業分野においても地球温暖化防止や生物多様性保全等への貢献が重要となっています。

化学肥料、化学合成農薬の5割低減の取組とセットで、地球温暖化防止や生物多様性保全に効果の高い営農活動に取り組む農業者グループ等に対して、支援を行います。 

 

 

支援対象者  

 次の1~3の要件を満たす農業者の組織する団体等が対象となります。

  ※農業者の組織する団体(以下「農業者団体」 といいます。)は、代表者、組織の規約を定めるとともに、組織としての口座を開設してください。

 

1.販売することを目的に生産を行なっていること

2.国際水準GAPを実施していること

3.グループとして自然環境の保全に資する農業の生産方式を導入した農業生産活動の技術向上に関する活動を行うこと

 

 

 

支援対象取組

  化学肥料、化学合成農薬を佐賀県の慣行レベルから5割以上減らす取組と、次のいずれかの取組を組み合わせて実施する活動が対象となります。

 

 

概要

カバークロップ 主作物の栽培期間の前後のいずれかに緑肥等を作付けする取組
リビングマルチ 主作物の畝間に麦類や牧草等を作付けする取組
草生栽培 園地に麦類や牧草等を作付けする取組。
不耕起播種 播種前に、ほ場全面の耕起を行わずに不耕起播種機により播種を行う取組。
堆肥の施用 主作物の栽培期間の前後いずれかにC/N比の基準等を満たした堆肥を一定量以上施用する取組
有機農業

 主作物について化学肥料・化学農薬を使用しない取組(有機JAS水準に合致する取組)

※土壌分析を行った上で、炭素貯留効果の高い有機農業を実施すると、単価が加算されます

長期中干し 溝切りを実施したうえで14日以上の中干しを行う取組
秋耕 春の田起こしをせずに、秋(稲の収穫後)に、田を耕す取組
冬期湛水管理(水稲) 冬期間の水田に2ヶ月以上湛水する取組 

※畦補強や有機質肥料の施用等の取組により交付金単価が異なります

総合的病害虫・雑草管理(IPM)

(水稲)

化学農薬以外の防除法を組み合わせて、適切な手段を総合的に講じる防除手法を行う取組

※令和2年度より、取組内容に一部変更があります。 

 詳細については農地の所在する市町にお問い合わせください。

 

中間年評価及び最終評価(H27~H31)

 

 

関連資料

 

 

関連リンク

農林水産省の環境保全型農業直接支払交付金のページ別ウィンドウで開きます(外部リンク)

このページに関する
お問い合わせは
(ID:21053)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.