キッズサイトTOP総合トップへキッズサイトTOP総合トップへ
佐賀県 こどものサイト キッズサイト佐賀県 こどものサイト キッズサイト(スマホ版)
背景色 青黒白
文字サイズ 拡大標準

三重津海軍所跡(世界遺産 明治日本の産業革命遺産)とは?

最終更新日:
 

三重津海軍所跡(世界遺産 明治日本の産業革命遺産)とは?

三重津海軍所跡は2015年7月に世界遺産に登録されました。
安政4年(1857年)に佐賀藩は、海軍取調方を置き、翌年三重津に御船手稽古所を置いて独自に海軍技術の教練を行うことにしました。

これが三重津海軍所のはじまりです。 
 単なる伝習所としてだけでなく、蒸気艦船の製造も目指し、慶応元年(1865)に田中久重父子らによる、日本初の本格的な蒸気船「凌風丸(りょうふうまる)」を完成。佐賀藩は並行して艦船の購入も進め、国内屈指の海軍力を有していました。

 詳しくは三重海軍所跡で勉強してね!

 

関連リンク

三重海軍所跡別ウィンドウで開きます(外部リンク)

このページに関する
お問い合わせは
(ID:61566)
佐賀県政策部  広報広聴課
〒840-8570  佐賀市城内1丁目1番59号   TEL:0952-25-7219  FAX:0952-25-7263  EMAIL:kouhou-kouchou@pref.saga.lg.jp

Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved. 佐賀県

佐賀県政策部  広報広聴課

〒840-8570  佐賀市城内1丁目1番59号
TEL:0952-25-7219  FAX:0952-25-7263
EMAIL:kouhou-kouchou@pref.saga.lg.jp
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.