キッズサイトTOP総合トップへキッズサイトTOP総合トップへ
佐賀県 こどものサイト キッズサイト佐賀県 こどものサイト キッズサイト(スマホ版)
背景色 青黒白
文字サイズ 拡大標準

佐賀の伝統工芸

最終更新日:
 

陶磁器


 

伊万里・有田焼


伊万里有田焼の画像
 

唐津焼


唐津焼の画像
伊万里・有田焼は約400年前から作られている、日本で最初の磁器だよ。江戸時代のはじめに有田町の泉山(いずみやま)で磁器の原料陶石(とうせき)を発見。白くてじょうぶでわれにくく、絵や色が美しい有田焼は、世界のやきものにえいきょうを与えたと言われているよ!桃山時代(ももやまじだい)に、今の唐津市北波多あたりで作られていたやきものが唐津焼の始まりだと言われているよ。その後、武雄など各地でも焼かれるようになったんだ。あまり色を使わずに土の色をいかしているところが、唐津焼のとくちょうだね。


 

民工芸品

 

肥前びーどろ


肥前びーどろ



 

鍋島緞通(なべしまだんつう)


鍋島緞通の画像

江戸時代の終わりに、佐賀藩(さがはん)の十代藩主(はんしゅ)、鍋島直正(なべしまなおまさ)が、化学実験をするためのビーカーやフラスコが作られたのができたきっかけなんだって。今ではキャンデー入れやハート型のコーヒーカップなど、いろんな種類が作られているよ。

今から300年前の江戸時代に中国から緞通(だんつう)のぎじゅつを学び、作り始めたのが、始まりといわれているよ。鍋島緞通がとてもきれいだったから、佐賀藩(さがはん)のお殿様(とのさま)は江戸幕府(えどばくふ)へのおくり物にしていたんだよ。


佐賀錦(さがにしき)

佐賀錦の画像

 

名尾手漉和紙(なおてすきわし)


名尾和紙の画像

細く切った和紙や金、銀と絹(きぬ)でていねいにおっていくおり物だよ。江戸時代に、鹿島鍋島家(かしまなべしまけ)の9代藩主(はんしゅ)の妻が、天井のもようを見て思いついたのが始まりなんだって。今ではバッグやぞうり、ネクタイなどが作られているよ。

佐賀市大和町(やまとちょう)の名尾地区(なおちく)に、今から300年ほど前から伝わる手漉和紙(てすきわし)。納富由助(のうどみよしすけ)が福岡県で作り方を習い、そのわざを地元の人々に伝えたと言われてるんだ。ながもちする和紙としてひょうばんなんだよ!


このページに関する
お問い合わせは
(ID:47308)
佐賀県政策部  広報広聴課
〒840-8570  佐賀市城内1丁目1番59号   TEL:0952-25-7219  FAX:0952-25-7263  EMAIL:kouhou-kouchou@pref.saga.lg.jp

Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved. 佐賀県

佐賀県政策部  広報広聴課

〒840-8570  佐賀市城内1丁目1番59号
TEL:0952-25-7219  FAX:0952-25-7263
EMAIL:kouhou-kouchou@pref.saga.lg.jp
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.