佐賀県議会TOP総合トップへ佐賀県議会TOP総合トップへ
佐賀県 佐賀県議会佐賀県 佐賀県議会
背景色 青黒白
文字サイズ 拡大標準

佐賀空港・新幹線問題等特別委員会県外視察(平成30年1月)

最終更新日:
 平成29年度

佐賀空港・新幹線問題等特別委員会 県外視察の概要(1月17日から19日)

 

fukuikenchou
福井県庁(福井県福井市)
hakusansougousharyousho
白山総合車両所(石川県白山市)
【北陸新幹線早期開業に向けた取組】
 現在工事中の北陸新幹線金沢・敦賀(つるが)間は、全長約125.2km、総工事費1兆1,858億円であり、これまでの平成37年度の完成・開業時期の計画を3年前倒しし平成34年度末を予定しています。
 福井県内には4駅(芦原(あわら)温泉駅、福井駅、南越駅、敦賀駅)を設置予定です。
 また、平成29年3月、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームが、敦賀以西のルートを「敦賀駅―小浜市附近―京都駅―京田辺市附近―新大阪駅」を結ぶルートに決定し、これにより福井県と東京・大阪・京都との時間距離が大幅に短縮され、企業間交流や観光客の増加など交流人口の拡大が見込まれます。
 当日は、北陸新幹線早期開業に向けた取組の説明を受けました。

【白山総合車両所の概要】

 白山総合車両所は、北陸新幹線開業に伴い、石川県白山市に平成26年11月に開設された、日本で4箇所目、JR西日本では2箇所目の新幹線総合車両基地です。敷地面積約26ha(東京ドーム5.5個分)の広大な敷地に新幹線の車庫と整備工場が併設され、金沢駅からは回送線でつながっています。
 車両所の特徴的な設備として、雪に対応した「着発収容線上の上屋」「軌間内融雪装置」「融雪線」「トラバーサ」があり、これまで雪による運休はなく、列車の遅れを最小限にとどめた運行がなされています。
 当日は、白山総合車両所の概要について説明を受け、その後、施設内の視察を行いました。


komatukiti
航空自衛隊小松基地(石川県小松市)
isikawakenchou
石川県庁(石川県石川市)
【基地の概要と民間との共用状況】
 航空自衛隊小松基地は、日本海側唯一の戦闘機部隊が所在する基地として昭和36年に開設された基地であり、基地面積は約392万平方メートル(東京ドーム約83個分)、F-15J/DJ(戦闘機)、T-4(中等練習機)、U-125A(救難捜索機)、UH-60J(救難ヘリコプター)などの航空機が所属しています。
 活動は、防空、領空侵犯に対する措置、地震などの災害派遣などがあり、周辺自治体と連携をとりながら、日々の任務にあたっています。
 当日は、基地の概要と民間との共用状況について説明を受け、その後、施設内の視察を行いました。

【自衛隊と共用した空港のあり方】
 小松空港(小松飛行場)は、昭和36年12月に公共用施設の指定がなされ、自衛隊と民間航空が共同で使用しています。
 旅客定期便は、平成29年4月現在、国内線が6路線(東京(羽田)、成田、札幌(新千歳)、福岡、仙台、那覇)、国際線が3路線(ソウル、上海、台北)で運航され、国内有数の乗降客数、国際貨物取扱高を誇る、北陸地域の「ひと・モノ」の交流拠点として発展を続けています。

 航空自衛隊との共用に関しては、定期便やチャーター便の運航等、小
松基地と調整が必要となるなどの制約もあるものの、冬期の滑走路の除雪作業は自衛隊が行うなど、民航機は安定した運航が可能となるなどのメリットもあります。
 当日は、自衛隊と共用した空港のあり方の説明を受けました。




 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:60918)
佐賀県議会事務局   〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-45  
(総務課)TEL:0952-25-7215  (議事調査課)TEL:0952-25-7216  (政務調査室)TEL:0952-25-7306  メール(共通):gikai@pref.saga.lg.jp

Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved. 佐賀県

佐賀県議会事務局

佐賀市城内1丁目1-45
(総務課)TEL:0952-25-7215
(議事調査課)TEL:0952-25-7216
(政務調査室)TEL:0952-25-7306
メール(共通):gikai@pref.saga.lg.jp
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.