佐賀県 防災・減災さがTOP総合トップへ
佐賀県 防災・減災さが佐賀県 防災・減災さが(スマホ版)
背景色
青
黒
白
文字サイズ
拡大
標準

第2回佐賀県災害対策本部会議を開催しました

最終更新日:
 

第2回佐賀県災害対策本部会議を開催しました

9月18日(日曜日)に第2回佐賀県災害対策本部会議を開催しました。
詳細は以下のリンクからご覧ください。
要約版はこちらからご覧ください。


会議資料

 

会議内容

○司会

 それでは、時間になりましたので、第2回佐賀県災害対策本部会議を始めます。まず最初に、気象台から現在の状況等につきまして、説明をお願いします。

○佐賀地方気象台

 佐賀地方気象台次長の林と申します。それでは、説明させていただきます。

 台風14号の15時の実況が入りました。現在は、指宿市の南の海上にあって、北北西に20キロの速さで進んでおります。中心の気圧が930ヘクトパスカル、中心付近の最大風速が45メートルということで、大型で非常に強い台風となっております。

 この台風は、930ヘクトパスカルということで、特別警報の指標以上ですので、現在は特別警報級の台風となっております。今後北上するに従って多少勢力が落ちます。今夜に入りますと、こちらに出していますけれども、(918日)21時以降、940ヘクトパスカルの最大風速45メートルということで、この時点では特別警報の指標を満たさないということで、その後も同じような勢力で進みまして、こちらの資料では(919日)9時ですね。佐賀県に最も接近している朝の時間帯ですけれども、最新の(918日)15時発表の資料では、(919日)9時で945ヘクトパスカル、最大風速が40メートルという予想になっている。また多少落ちる予想になっています。

 (919日)6時はこの資料と同じで、940ヘクトパスカルの最大風速が45メートルです。ですので、勢力も(919日)6時までは非常に強いですけれども、(919日)9時からは強い勢力と変わります。としても、まだ最大風速4045メートルということで、一応陸上でも暴風域に入りますので、今のところ最大風速は30メートルと予想しております。30メートルという風速は、走行中のトラックが横転したりとか、細い木が折れる、あと、看板の落下、あと、飛散物による被害ですね。そういうものも想定されますので、特別警報まで出ないといって警戒を怠らないように、引き続き、厳重な警戒をお願いしたいと思っております。

 次のスライドをお願いします。具体的な量的な予想をこちらにお示ししております。

 まず、台風についてですけれども、この後、18時から21時の間ぐらいで暴風域に入ると見ていますけれども、ちょっと最新の解析を見ますともう少し早まって夕方の時間帯に暴風域にかかってくるかもしれません。それから、台風が最も接近するのは明け方から完全に抜けるとすれば朝の時間帯まではまだ最も接近していると考えてよろしいかと思います。今のところ、暴風域を出るのが明日の昼過ぎ、(919日)12時から15時の時間帯と見ております。

 雨につきましては、今夜夜遅く以降から非常に激しい雨、60ミリ以上を予想しておりまして、台風が最も接近する辺りが雨のピークと見ております。1時間で70ミリ以上の雨を予想しております。24時間降水量は下の表になりますが、今夜(918日)18時から明日(919日)の18時までの24時間降水量、台風の動きが遅いこともありまして、中心が接近する。そして、動きが遅いということで、多いところで24時間300ミリを見込んでおります。

 その後、明日の18時以降は50ミリから100ミリということで、台風が抜けた後はそれほど大きな降水量にはならないと見ております。

 その後、風ですけれども、風は有明海ではその未明の45メートルというのが最大と見ております。同じく海上の唐津は北になりますので、その後、明日の朝の時間帯で35メートルを見込んでおります。陸上につきましては、南部が30メートル、北部が25メートルと非常に強い風を陸上でも予想しております。波につきましては、唐津の海上でうねりを伴って7メートル、有明海では4メートルを予想しております。

 高潮につきましては、有明海側で高潮警報に未明から朝の時間帯に達するような潮位になると予想しております。北部は今のところ注意報で見込んでおります

 風の最大値を繰り返しますと、北部の沿岸で今日が30メートル、明日が35メートル、有明海で今日は40メートル、明日が45メートル、陸上は、今夜の遅くから明日にかけて30メートルということです。特別警報には至らないという予想になりましたけれども、引き続き厳重な警戒をお願いしたいと思っております。

 以上です。

司会

 ありがとうございます。質問等あればお願いいたします。

知事

 特別警報に至らない方向ということなんですけれども、ほぼないということですか、それとも全くあり得なくなったということ。

佐賀地方気象台

 現状の勢力よりも弱まると予想していますので、ほぼ可能性としては今のところはないと思います。

知事

 ほぼなくなったということね。結構、ここまでの予想というのは割と精緻なんですね。

佐賀地方気象台

 そうですね。陸上に入ってきますし、だんだん乾燥した空気が北から入ってくるので弱まるという予想で、達しないだろうというところで考えております。

知事

 それを前提に動けばいいけれども、ただ、お話があったように、一番厳しいところから少し特別警報出なくなったという域なので、十分に警戒は必要だということでよろしいですね。

佐賀地方気象台

 そうですね、非常に強いということで。

○司会

 ほかございますか。

○知事

 一つだけ、今、危機管理防災課から話あるのかもしれないけれども、この進路は少し東にずれましたか、あんまり変わっていないのか。

○佐賀地方気象台

 予報円の回転でいくと、それほどずれていないということです。

○知事

 そうすると危険なルートね。

○佐賀地方気象台

 はい。

○知事

 さっき1回目の佐賀県災害対策本部会議で、停電のエリアの話があって、さっき確認してみたら、大隅半島とか、どっちかというと九州の東側、この円でいうと、円の右側のところに停電が多く起きていると思ったんですよ、宮崎も含めて。いうなれば、円よりも台風の吹き込む風がどっちかというと東側の方がきついということとリンクしているので、そういうことが同じことが言えるとすると、佐賀県もこの円の東側にリスクがあるということでよろしいでしょうか。

○佐賀地方気象台

 現状は台風があって、台風は反時計回りに風がありますので、今、東寄りの風になっているということで、九州の東側が風が強いということですね。山越えしているので、今のところは佐賀県を含む西側はそれほど強くないですね。北上してきますと、段々南風が段々時計回りに回って南風になりますので、そうやって北上してくれば、佐賀としては風がかなり強くなるような方向ではあります。

 そういう意味で言いますと、今現状で台風があって、北寄りですので、逆に唐津とか北部区では今、海から風が入るので、非常に風が入りやすい。その後も北上しても北東から北寄りとなりますので、北部の方は割と吹きやすい。ただ、今のところ、まだ遠いので、風が弱めですけれども、接近するに従って、南部、北部とも風向はちょっと違いますけれども、風が強くなってくると思います。

○知事

 だから、これから徐々に強くなっていくので、マックスが明日の……

○佐賀地方気象台

 最も接近する時間帯ですね、朝ぐらいからですね。

○知事

 そういうことですね。

○佐賀地方気象台

 はい。

○司会

 それでは、危機管理防災課から現状の報告をお願いします。

○危機管理防災課長

 危機管理防災課から15時現在の状況を報告します。

 被害状況は報告があっておりません。

 市町の警戒体制ですが、災害対策本部を設置しているのが6市町、災害警戒本部設置が3市、連絡室設置が11市町となっております。

 避難の情報についてですが、避難指示を出している市町が10市町で、高齢者等避難を出している市町が10市町ということで、全ての20の市町において現在避難所が開設されております。

 避難所数は全部で211か所、15時時点での避難者数が2,355世帯、3,900人となっております。

 続きまして、台風14号に係る先行県の状況ということで、鹿児島、熊本、宮崎、長崎の被害状況等について調査しました件について報告します。

 現在、人的被害、物的被害につきましては、鹿児島県だけですけれども、いずれも風にあおられて転倒した、あるいは風のせいで商業施設のガラスが割れたと、非常にやはり風が強いということに起因する被害が出ております。

 今後、佐賀県に台風が近づいたときに、やはり今回は風に対して非常に注意する必要があるかなと思います。

 また、先ほど知事からも御報告がありましたとおり、停電の状況を見ますと、薩摩より大隅側、あるいは熊本県よりも宮崎県のほうが非常に停電戸数が多いという状況になっておりまして、やはり台風進路に向かって右側、東側の風が非常に強いということが、こちらも証明していると思いますので、引き続きそこの部分に注目していきたいと思います。

 引き続き他県の災害情報を収集しながら関連する部分は報告していきたいと思います。

 以上です。

○司会

 ありがとうございます。今の説明について、何かご質問等ありますか。副知事お願いします。

○南里副知事

 すみません、避難所の関係なんですけど、今、一応、全市町で避難所は開いているということですけれども、通常開いているところは開いているという理解でいいのかというのが1つ。

 それから、今から風が強くなりますし、暗くなりますけど、その辺でまた、むしろ移動することのリスクなんかも出てくると思うんですよ。その辺りの状況はいかがでしょうか。

○危機管理防災課長

 避難所の開設は、まず、基本的に全市町で開設をされております。今後、開設させる避難所の数も増える見込みです。避難のタイミングについては、各市町に対して、暗くなってからの避難は危険だから、早めに避難するようにということで、防災無線等を通じて報告をしてもらっています。

○南里副知事

 分かりました。

○司会

 ありがとうございます。ほかございますか。よろしいでしょうか。

 それでは、先ほどから話題になっております停電等の対応状況、それと、現在の状況につきまして、九州電力さんから報告をお願いします。

○九州電力

 九州電力でございます。停電の状況につきましてお知らせをいたします。

 九州管内では、合計で125,000戸程度の停電が発生してございます。その中でも、先ほどお話があっておりましたように、鹿児島、宮崎がほとんどという状況にございます。実は、九州管内で停電をしていないのは佐賀県と福岡県、あとの県は全て停電が発生をしているという状況にございます。

 それと、状況でございますけれども、鹿児島につきましては、奄美諸島が台風関係は抜けたということで、巡視を始められる状態になっております。やはり樹木の倒木による停電、それと、やはり風が強うございますので、電線、3条ほどありますけど、これが風で混線しているという被害が発生をしているということでございますので、やはり台風が強いときは倒木、それに電線の混線が想定されるんではないかなと思ってございます。

 九州電力からは以上でございます。

○司会

 ありがとうございます。ただいまの説明につきまして、確認事項等ありましたらお願いします。よろしいでしょうか。

 それでは引き続きまして、各対策部で現在対応している状況、被害状況とかの情報が入っておりましたら、それも併せてお願いしたいと思います。まず、県土整備対策部からお願いします。

○県土整備部長

 県土整備対策部から報告します。

 災害対策本部会議の資料で、道路の交通状況について記載がありますけれども、その記載状況からさらに通行止め等が増えております。これまで昨日から県道虹の松原線、県道鏡山公園線、虹の松原付近については全面通行止めをしているところでございます。さらに、高速道路関係で、長崎自動車道佐賀大和インターから長崎インターまで、そして、西九州自動車道の佐世保中央インターから武雄ジャンクションまでも4時時点で通行止めになっております。さらに、県外になりますけれども、有明海沿岸道路の福岡県側ですね、三池港インターチェンジから大野島インターチェンジまでも4時から通行止めとなっております。

 県内でいいますと、有明海沿岸道路の嘉瀬南インターチェンジから福富インターチェンジ10キロ間につきまして、本日17時から全面通行止めを行う予定となっております。さらに、今後、通行止めの区間が増えていく可能性がありますので、通行規制についての情報を適宜見られた上で、今、屋外での移動をしていただきたくない状況ではございますけれども、移動される方は十分その情報をつかんだ上で、注意を払っていただきながら車での移動をよろしくお願いいたします。

 以上です。

○司会

 では続いて、農林水産対策部からお願いします。

○農林水産部長

 農林水産対策部でございます。まず、農道の通行規制の状況です。多良岳オレンジ海道につきましては、現在、鹿島市のサイドについて全面通行止めをしております。太良方面につきましては、国道207号線が越波したときの代替道路として一応通行は許可しておりますけれども、町民に対しては注意喚起を役場からされている状況でございます。

 引き続き市町とも連絡をしまして、危険な場所があればちゅうちょなく通行止めをするという方向でいきたいと思います。

 農林は以上でございます。

○司会

 それでは、続きまして、健康福祉対策部からお願いしたいと思います。

○健康福祉部長

 健康福祉対策部でございます。現時点で医療機関、福祉施設に被害はあっておりません。

 あと、コロナの関係の自宅療養者ですけれども、自宅療養支援センターから、昨日、今日とショートメールで台風が近づいているということと、命を最大限大切にした行動で避難をしてくださいということ、万が一自宅から避難をする場合には、市町が設けている自宅療養者用の避難施設ということになっておりますので、あらかじめ市町とかに確認をしてくださいというメッセージを送っております。

 以上でございます。

○知事

 コロナで入院者とか、ホテルに入っている方とかのフォローをしっかりしないといかんし、自宅で孤立している人とかおるやろうから、一晩だけで済むと思うからまだ大丈夫と思うけれども……

○健康福祉部長

 呼びかけて、何かあったら連絡を……

○知事

 そうだね。

○司会

 ほかに対策部からこの場で共有すべき情報等ありましたらお願いします。

 進部長お願いします。

○政策部長

 災害対策本部の設置に伴いまして、災害相談のコールセンターを設置いたしております。今るる状況についての説明もありましたけれども、そうした内容、被害状況、避難情報に関することやライフライン、公共交通機関等に関すること、また、今後の気象等に関することについて、当面、24時間対応で相談をお受けしております。

 先ほど報道機関の皆様にはプレスリリースでもご案内しておりますので、県民の皆様は、何かのこと等ありましたら、ご連絡をいただければと思います。

 以上でございます。

○司会

 ありがとうございます。

 ほか、ございますか。

○知事

 市町は、それぞれいろんな体制、それぞれ違うようだけれども、それぞれ避難所つくって対応できているでしょう。

○県職員

 はい。

○知事

 それぞれお任せしているところね。

○司会

 では、ちょっと追加で危機管理防災課からお願いします。

○危機管理防災課長

 市町の対応の件ですけれども、マスコミにも言われていますが、災害救助法適用のことについてご報告いたします。

 今回の災害については、佐賀県の場合は1330分をもって全ての市町に対して災害救助法の適用を行いました。ただ、災害救助法の適用といいましても、これまでのように災害が発生してから適用するという内容ではありません。昨年、法改正がありまして、災害のおそれがある時点で国が特別対策本部を設置した場合で、県も対策本部を設置したら救助法の適用ができるという内容で、実際適用される範囲というのが、いわゆる避難所を設置したときに係る費用に対して救助法が適用できるという内容になっています。

 今回、大きい台風が近づいているということで、国で特別対策本部が設置されまして、九州各県が対策本部設置と同時に、大体その救助法を摘要する流れになっております。佐賀県も今朝方、対策本部を設置しましたので、その後調整をして、本日1330分から全ての市町に摘要という流れになっています。これによって、市町で発生した避難所に係る費用について、国と県が負担するという流れになります。

 以上です。

○知事

 災害救助法という名前で、何となくすごく、人命に関係してレスキューっぽいんだけど、実際のところは避難所の設営とか様々な経費の問題を国と県がしっかり対応するから、市町の皆さん安心して避難所の設置などをやっていいよという立てつけで、これまでは災害が起きた後ということの立てつけだったんだけれども、ご案内のとおり、こうやって台風が来る前に事前に避難所の設置をすることというのがままあるものだから、事前に対策本部などをつくった場合は発動していいよという発想やったよね。

○危機管理防災課長

 そうです、はい。

○知事

 ということなので、そういうことで共有しておきたいと思います。特に何かが起きたから発動になったということではないということですね。

○司会

 ありがとうございます。

 それでは、各対策部から報告いただきまして、あと実動機関にも来ていただいております。

 まず、県警から現在の対応状況ですとか、情報共有していくことがございましたらお願いいたします。

○佐賀県警

 県警でございます。110番通報が警察はあるわけですけど、本日14時までですが、110番の状況ですが、午前中に鹿島市において信号が滅灯していると通報がありました。ただ、もうこれは既に復旧をしております。警報が出ておりましたが、台風との関係はちょっと不明であります。ほかには、今のところは災害関係の110番はございません。他県からも風の被害を中心に聞いておりますので、警察としてもしっかり体制をとってまいりたいと思っております。

 以上です。

○司会

 ありがとうございます。

 それでは、続きまして消防からお願いします。

○佐賀広域消防局

 佐賀広域消防局です。管内では災害は発生しておりません。ただ、警戒で7件ほど出動しております。電線がスパークしたとか、あとドアが閉まらないとか、自動火災報知器が発報したとかいう事例で出動しています。大きな災害等は今のところ発生しておりません。

 以上です。

○司会

 ありがとうございます。そしたら、続けてよろしいですか。

 それでは、自衛隊からも来ていただいております。まず、久留米駐屯地から来ていただいています。どうぞよろしくお願いします。状況につきまして報告をお願いします。

○自衛隊

 西部方面混成団の連絡監部です。今現在、久留米駐屯地におきましては情報収集体制を確立しておりまして、現在、情報収集中でございます。

 以上になります。

○司会

 ありがとうございます。

 九州地方整備局からも来ていただいております。今、後ろにいらっしゃいますけど、随時、九州地方整備局と、あと空自からも来ていただいていますので、状況について報告をお願いいたします。

○九州地方整備局

 九州地方整備局です。現在、佐賀県内の直轄の道路、河川等で災害等被害があったということはありません。また、各事務所で災害の支部を立ち上げて、今後もしっかりと監視をしていくということになっておりますので、また引き続きよろしくお願いします。

○司会

 続けてお願いします。

○航空自衛隊

 航空自衛隊です。航空自衛隊につきましては、福岡県春日市にあります西部航空方面隊から、各県に対しまして、連絡監部を派遣して情報収集活動を行っております。情報収集活動以外の活動は今のところ行っておりません。

 以上です。

○司会

 ありがとうございます。

 引き続きどうぞ実動機関の方々、力を合わせてよろしくお願いしたいと思います。

 それでは海自からも来ていただいておりますので、海自からよろしくお願いします。

○海上自衛隊

 海上自衛隊です。佐世保地方総監部として各県に連絡監部を派遣しております。現在、情報収集のみです。よろしくお願いします。

○司会

 失礼しました。ありがとうございます。

 それでは引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 以上をもちまして、現状についての情報共有は終了させていただきます。

 最後に知事からコメントをお願いいたします。

○知事

 第2回の佐賀県災害対策本部会議ということなんですけれども、ご案内のとおり、これは事前対策本部なんですね。通常であれば、災害、何か状況が起きて、その対応をするための対策という面が強いわけですけれども、今回は非常に大きな台風だということでありましたので、今日も実動部隊のリエゾンの皆さん方も多くお越しいただいて、まさにこれから起きるかもしれない対策のために情報共有をしておこうという会議体になっております。

 まとめて申し上げると、非常に鹿児島、宮崎の皆さん方、非常に今大変な状況だということであります。特別警報も両県には出ているということですが、先ほどの気象台の話によりますと、非常に強い台風ではあるけれども、当初の予定よりはほんの若干弱まる予測になったということで、佐賀県に特別警報が出る可能性は極めて薄いということではあるわけですけれども、先ほど情報共有したように、相変わらず極めて強い風が吹くことが予想されるということ、そして、今回特に風ですね、一番要注意なものは。その強風というのはこれからです。これから夜に入りまして暴風圏に入り、佐賀に大きな風が吹くことが予想されておりますので、この対策本部も夜にもう一度やることになると思いますけれども、強い風、それから、雨等によって、起きた事象に対応して臨時的に集まっていただくことももちろんあるわけでありまして、何もこのまま推移していけば、夜に1回開催して、夜の体制、そして、早朝の体制についてのチェックをしていくということになろうかと思います。

 ということですので、県民の皆様方におかれましては、夜過ぎてから突風が吹いてどこから何が飛んでくるか分からんわけですね。ですので、日没になってから外に出歩くということをぜひ避けていただきたい。これをされることによって、そちらで何か物にぶつかって負傷するということのリスクが非常に強いわけでございます。

 もう一点、ですから、できる限り頑丈なところに入っていただくということが大事になるわけでありまして、できれば日没の間にその判断をして対応いただくということが大事になってこようかと思っています。

 それから、鹿児島、宮崎の状況を見ますと、停電も大分起きているようでございます。今九州で福岡、佐賀県だけですかね、起きていないのが。ということですが、まだ要は強い風がこれからでありますから、そういうことが起きるものだということで準備をぜひ各家庭で行っていただくことと、本部にしてみますと、停電の状況、特に倒木における可能性でなかなか復旧しないこともありますから、そういったことについて状況に応じて皆さん方に御支援をいただくこともあろうかと思いますので、そのときはよろしくお願いしたいと思います。

 いずれにいたしましても、これからこのまま大きな災害もなく過ぎ去っていただくことを祈るばかりでありますけれども、こうやってしっかりと対策をみんなで共有して取っておくということが極めて価値のあることだと思いますので、これからもよろしくお願いしたいと思います。お疲れさまです。

 それから、コロナについては、今日は343件ということでありまして、相変わらずこれで何日連続かな。26日連続1週間前より少ないということで、ある部分順調に県民の皆さん方の協力によって低下傾向ということでありますので、しっかりと感染症対策をしながらこれも抑え込んでいくと。

 そして、これも毎回申し上げておりますけれども、切迫した危機というところの中で、あまりコロナのことは気にしないで、まず命のことを考えていただくということが大事だというふうに思いますので、もう一回、繰り返しますけれども、切迫した危機ということ、そういったことを一番大事に考えていただきたい、命を大事にしていただきたいということ、日没過ぎてから夜出歩くということは避けていただきたいとお伝えしたいと思います。

 ではこれからさらによろしくお願いしたいと思います。お疲れさまです。

○司会

 ありがとうございました。

 それでは、以上をもちまして、第2回佐賀県災害対策本部会議を終了いたします。

 第3回につきましては、今日の夜開催を予定しております。またすぐにご連絡差し上げたいと思います。見込みとしては、8時もしくは9時ぐらいかなと思っております。決まり次第ご連絡したいと思いますので、よろしくお願いいたします。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:87892)
佐賀県  政策部  危機管理防災課
〒840-8570   佐賀市城内1丁目1-59   TEL:0952-25-7362  FAX:0952-25-7262
E-mail:kikikanribousai@pref.saga.lg.jp

Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved. 佐賀県

佐賀県 政策部 危機管理防災課

〒840-8570 佐賀市城内1丁目1-59
TEL:0952-25-7362(代表)
FAX:0952-25-0753
E-mail : kikikanribousai@pref.saga.lg.jp
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.