秋の棚田
 佐賀県のホームページ

 棚田のよさや大切さを多くの方々に知ってもらいたい!

 佐賀県の棚田の情報を発信し、棚田地域の活性化と棚田の保全を図ります 

棚田の風景のヘッダ画像
さが棚田百選めぐりトップへ トップページへ
さが棚田百選めぐり
■大浦の棚田 佐賀県唐津市肥前町 【5月中旬】
大浦岡公民館の写真
棚田のすぐ近くにある大浦岡公民館
 国道204号線を西へ走っていくと万賀里川交差点があり、ピーターパン花と冒険の島の看板が左手に見えてきます。そこを左に曲がり南下すると、すばらしい棚田の風景をご覧頂けます。この日は、天気が良く、伊万里湾に点在する無数の島も見ることができました。
 田植えの時期ということで、水面を覗き込んでみるとオタマジャクシが気持ちよく日光浴をしており、和やかな気持ちにさせられました。
 さらに海岸に向かって車をゆっくり走らせていると、季節が春ということで彼岸花を見ることはできませんでしたが、様々な色の花が咲いており、春を感じることができました。
伊万里湾に点在する無数の島々の写真
伊万里湾に点在する無数の島々
春を感じさせる花々の写真
春を感じさせる花々
QuickTime VR
・画像をクリックするとご覧頂けます。
・周囲360度をマウス操作によって紹介します。
・容量:623KB


QuickTimeダウンロードサイトへ このサイトをご覧になるにはQuickTimeが必要です。こちらから無料でダウンロードできます。
大浦の棚田のQuickTIme VRへのリンク画像

【大浦の棚田】
・場所:国道204号線万賀里川交差点を左折、約3分、大浦岡公民館付近
 かつて弘法大使がこの地の美しさに筆を投げたと伝えられる「いろは島」を背景に広がる大浦の棚田は絶景です。
 大浦の棚田は、小規模な集落である大浦岡、大浦浜、満越の3集落にわたっていて、耕地面積は30ヘクタールあり、棚田枚数も昭和35年頃は1,200枚をこえておりましたが、後継者不足や高齢化等により年々減少し、現在は1,060枚を数えます。
 これらの棚田は、鎌倉時代から江戸時代にかけて先人の方々が営々と築かれたもので、食糧(棚田米)の生産をはじめ、洪水・土砂崩壊の防止や、最近では農作業体験、やすらぎの場、美しい景観の保持など多面的な機能を有しています。
高台から見た棚田の風景写真
高台から見た棚田の風景
大浦地区への地図画像
 

     


【寄り道スポット】
花と冒険の島
妖精の橋の写真
妖精の橋
 陸地から妖精の橋を渡るとそこはピーターパンの物語に出てくる「ネバーランド」の世界となっており、丸太を組んで作られた海賊船やワニの崖、ウェンディの家、吊り橋、妖精の迷路などの遊具があり自然の中で家族が楽しめる工夫がいっぱいです。
 1周は1時間程度。無人島ならではの大自然も楽しめるので、ピクニックにもおすすめです。
※入園は無料です。

【お問い合わせ】
唐津市肥前支所産業課 電話 0955-53-7145(直通)

さが棚田百選めぐりトップへ トップページへ

お問い合わせ先

佐賀県県土づくり本部 農山漁村課

電話:0952-25-7124 ファックス:0952-25-7284
メールアドレス: nousangyoson@pref.saga.lg.jp