大切なお知らせ
最終確認 2016年6月17日 11時現在

型インフルエンザ等対策行動計画を策定しました

平成26年1月に新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく法定の行動計画である「佐賀県新型インフルエンザ等対策行動計画を策定しました。詳しくは下記のページをご覧ください。

佐賀県の新型インフルエンザ対策

佐賀県新型インフルエンザ等対策行動計画(案)についての意見募集結果

 2013年佐賀県版ポスター

 佐賀県版ポスターのダウンロードはこちらから。

 

【インフルエンザは普通の風邪とは違います】

○ のどの痛みや、咳、鼻汁といった風邪と同様の症状も見られますが、38度以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身の症状が突然現れるのが特徴です。ほとんどの場合、約1週間で軽快しますが、重症化すると、肺炎、脳炎・脳症などを起こすこともあります。

○ 石けんでのこまめな手洗い、咳エチケット等の感染予防に努めるとともに、重症化の予兆(意識障害、意味不明な言動、呼吸が速い、顔色が悪いなど)が出た場合は、速やかに医療機関を受診しましょう。

 

【インフルエンザにかかったら】

・なるべく外出しないようにしましょう。

・症状がある時は、咳エチケット(マスク着用)に努めましょう。

・医療機関から出された薬は、指示どおりに最後まで飲みましょう。

・水分補給と十分な睡眠を心がけましょう。

・小児や高齢者が自宅で療養する場合にはひとりにせず、定期的に状態を見守るようにしましょう。

・患者の看護をした後は、石けんで手をこまめに洗いましょう。

・意識障害、意味不明な言動、呼吸が早い、顔色が悪い、水分が取れず半日以上おしっこが出ていない、下痢や嘔吐が続いているなどの症状がある場合は、一度医療機関を受診していても、再度受診するようにしましょう。

 

【お近くのかかりつけ医を受診しましょう】
夜間や休日の受診が増えると、交通事故や脳卒中などの救急患者さんへの治療に支障をきたす場合があります。重症化の予兆がある方をのぞいては、できるだけ夜間や休日は避け、平日の昼間にかかりつけ医を受診するようお願いします。

【陰性証明のための受診はお控えください】
インフルエンザにかかっていないことの証明(陰性証明)を求めることは、医療機関の負担の増加を招き、症状がある方の診療に支障を来たす場合があります。

 

発生状況

佐賀県では感染症発生動向調査で平成28年第9週(2月29日~3月6日)の患者報告数は1319名(A型:688名、B型:610名、型別不明:21名)*でした。**迅速診断キットによる 

 

 ・県内でのインフルエンザの流行状況

 

  また、症状はあるときは早めに医療機関に受診しましょう。   

  ※県内39か所の指定医療機関(定点)で1週間にインフルエンザと診断された患者数

 

 県内では、感染症発生動向調査において、平成28年第2週(1月11日~17日)でインフルエンザの流行期入りし、平成28年第4週(1月25日~1月31日)での流行発生「注意報」に引き続き、平成28年第5週(2月1日~7日)でインフルエンザの定点医療機関当たりの患者報告数が31.67(患者報告総数1235人)となり、警報の開始基準値である「30」を超えましたのでインフルエンザ流行発生「警報」を発表しました。

 今後さらなる患者数の増加が予想されますので、日頃から十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、手洗いや予防接種等の感染予防に努めましょう。

 

日頃から感染予防に努めましょう

コールセンター

中国における鳥インフルエンザA(H7N9)の発生に伴い、新型インフルエンザとどう違うのか、新型インフルエンザの発生に備えて、国や県はどのような対応をしているのか、というような県民の皆様の不安や疑問にお答えできるよう、健康増進課内に問い合わせ窓口を設置しました。

 

<問い合わせ窓口ダイヤル>

フリーダイヤル: 0120-82-1025 (平日 8時30分~17時15分)

※万が一新型インフルエンザが発生したあともこの番号で相談が可能です。

※いつでも問い合わせができるように、電話帳への登録をお願いします。

※番号は2009年に設置していたコールセンターと同じ番号ですので、既に登録されている方はそのままで結構です。 

 

相談受付内容

   (1)鳥インフルエンザの中国での感染状況

   (2)インフルエンザ等の一般的な感染症の予防対策

   (3)中国へ渡航する場合の注意事項   など

 

【お知らせ】中国で発生している鳥インフルエンザA(H7N9)に関する情報については、こちらのページ 中国で発生している鳥インフルエンザA(H7N9)についてお知らせします をご参照ください。

 

なお、感染症全般についてのご相談がある場合は、県庁健康増進課、または各保健福祉事務所の感染症対策担当にお電話をお願いします。

 

 健康増進課          電話:0952‐25-7075 

 佐賀中部保健福祉事務所 電話:0952-30-3622

 鳥栖保健福祉事務所    電話:0942-83-2161

 唐津保健福祉事務所    電話:0955-73-4186

 伊万里保健福祉事務所   電話:0955-23-2101

 杵藤保健福祉事務所    電話:0954-22-2104

 

インフルエンザの違いをご存じですか

今後発生が予想される新型インフルエンザ(H5N1等)平成21年に発生したインフルエンザ(H1N1) 2009例年冬季に流行する季節性インフルエンザ(Aソ連型、A香港型、B型等)

人が免疫を持たない新しいインフルエンザです平成21年に発生した豚由来のインフルエンザです。平成23年4月1日から季節性インフルエンザになりました。毎年冬に流行する従来のインフルエンザです。

お問い合わせ先
新型インフルエンザ対策についてのお問い合わせ 新型インフルエンザ行動計画についてのお問い合わせ
 佐賀県 健康福祉部 健康増進課  佐賀県 政策部 危機管理・報道局 危機管理・報道課

 〒840-8570 佐賀市城内1丁目1-59

 TEL:0952-25-7075 FAX:0952-25-7268

 E-mail:kenkouzoushin@pref.saga.lg.jp

 〒840-8570 佐賀市城内1丁目1-59

 TEL:0952-25-7008 FAX:0952-25-7289

 E-mail:kikikanri-houdou@pref.saga.lg.jp

Copyright 2013 Saga Prefecture. All Right Reserved.