佐賀県庁ホームページ>記者発表資料>記者発表資料 平成27年8月>県内初「読書バリアフリー研究会」を開催します~ 子どもたちに本を読む喜びと楽しさを感じてほしい! ~

press.gif

平成27年8月27日

佐賀県立図書館 企画・広報担当

担当者   高井  諸岡

内線3711/直通0952-24-2900

E-mail:saga-kentosyo@pref.saga.lg.jp

県内初「読書バリアフリー研究会」を開催します~ 子どもたちに本を読む喜びと楽しさを感じてほしい! ~

 何らかの障害があるために、紙の本を読むことが難しい子どもたちがいます。

 県立図書館では、10月27日から11月9日の読書週間に合わせて、これまで様々な理由で読書を諦めていた子どもたちに「僕も読めた!」「私の好きな本を見つけた!」という笑顔を創るため、「読書バリアフリー研究会」を県内で初めて開催します。

 講師の方々に、色々な角度から読書につながる提案をしていただきますので、障害のある子どもたちに本を届けたいと願う学校関係、医療関係、施設関係、図書館関係の職員やボランティア、保護者のみなさんのご参加をお待ちしています。

 

 

1 日時 平成27年10月25日(日曜日)10時~15時40分 (開場 9時30分)

 

2 場所 佐賀県立図書館1階 会議室(佐賀市城内2-1-41)

 

3 内容

 読むための障害となる様々な原因と、それを解消するために有効な媒体、支援方法について学び、読書支援が出来る人材の養成を目指します。

 

(1)    開講式・マルチメディアDAISY(デイジー)図書(わいわい文庫)とは?

 

(2)    『学校図書館の新たな挑戦~知的支援が必要な子どもたちへも読書の喜びを~』

 鳥取大学附属特別支援学校 児島陽子

 

(3)    『学習障害って何だろう~読み書き障害の特徴と支援方法の実際~』

 金沢星陵大学人間科学部 教授 河野俊寛

 

(4)    『五感の力でバリアをこえよう~さまざまなバリアフリー資料の紹介~』

 読書工房 代表・専修大学文学部 講師 成松一郎

 

(5)    伊藤忠記念財団の目指す活動

 伊藤忠記念財団電子図書普及事業部 部長 矢部剛

 

(6)    質疑応答・閉講式

 

4 対象

 学校教職員、医療関係者、施設職員、図書館職員、障害のあるお子さんのいるご家族、その他この事業に興味や関心のある方

 

5 定員 40名(申込みは先着順) 

   

6 受講料 無料

 

7 申込み方法 

電話、FAX、Eメールで公益財団法人伊藤忠記念財団にお申し込みください。

 

(1)  必要事項

 ア 参加会場(「佐賀県立図書館」と記載)

 イ 参加者氏名

 ウ 住所

 エ 電話番号

 オ 所属(ある方のみ)

 カ 当日の緊急連絡先

 

(2)  申込み締切:10月21日(水曜日)必着

 

※なお、申込の際にお預かりした個人情報は、「読書バリアフリー研究会」のためにのみ使用します。

 

8 お問合せ先

公益財団法人伊藤忠記念財団

電 話:03-3497-2652

FAX:03-3470-3517

Eメール:bf-book@itc-zaidan.or.jp

 

9 主催 公益財団法人伊藤忠記念財団

※  公益財団法人伊藤忠記念財団:「青少年の健全育成に寄与すること」を目的として、1974年に伊藤忠商事(株)が設立した公益法人です。障害のある子どもたちへの読書支援事業のほかに「子ども文庫への助成」等の事業を行っています。

 

10 共催 佐賀県立図書館

 

11 後援 文部科学省・佐賀県教育委員会・公益社団法人全国学校図書館協議会

 参考:札幌市中央図書館での開催風景

【参考:札幌市中央図書館での開催風景】

参考:ももたろう(iPad版) 

【参考:ももたろう(iPad版)】 

添付資料

読書バリアフリー研究会チラシ(320KB; PDFファイル)