人口減少社会,超高齢化社会に対応した佐賀県に適した都市のあり方(基本方針)(案)についての意見募集結果

トップページ>パブリック・コメント>平成18年度意見募集結果

趣旨

 
 近年、全国的にモータリゼーションの進展等を背景として、大規模商業施設や公共公益施設などの郊外への無秩序な立地が進み、中心市街地の空洞化、高齢者等の利便性の低下、行政コストの増大など、様々な都市問題が起きています。
 こうした中、国においては、人口減少・超高齢社会を迎えるに当たり拡大成長のまちづくりから、既存の社会資本のストックを有効に活用した集約型のまちづくりへの転換が必要として、平成18年5月に都市計画法の改正が行われました。
 このため、県では、広域的な観点から県全体の都市づくりの基本的な方向性や取り組むべき方策を示すために、「人口減少社会、超高齢社会に対応した佐賀県に適した都市のあり方(基本方針)」を作成しました。

意見募集期間  意見募集期間は終了しました。

平成19年3月2日 ~ 3月22日

公表資料

パブリック・コメント結果 (PDF)
佐賀県に適した都市のあり方(基本方針)(PDF)

意見提出件数

16件

 

意見の反映区分

 

区分 反映区分 意見数
A 計画等と同趣旨のもの 5件
B 計画等の修正を行ったもの 0件
C 計画等の推進段階で検討するもの 2件
D 計画等の修正が困難なもの 0件
E 計画等に関する感想や意見であるもの 9件



お問い合わせ先

佐賀県 県土づくり本部 まちづくり推進課
〒840-8570 佐賀市城内1丁目1-59
電話:0952-25-7159
e-mail:machidukuri@pref.saga.lg.jp


佐賀県庁ホームページトップへ