水稲の栽培マニュアル|Up||Top|

3- 2 生育ステージの把握

3-2-2.節間伸長と生育ステージ

  • 節間は、出穂前30日以前から伸長を始めるが、葉身及び葉鞘も節間と同様に規則的に伸長するので、それぞれの部位毎に伸長程度には少なからず相関が見られる(たとえば第3葉身長と下位節間長など)。

     

  • また、肉眼で幼穂が確認出来るのは一般的には5または4節が確認されてからであるから、これを観察すれば幼穂形成始期が予想も出来る。

     

  • コシヒカリのように倒伏に弱い品種は、出穂前16~18日を穂肥の時期としているが、これは4節間の伸長盛期を経過した後であり、下位節間の伸長を回避する穂肥施用としては合理的である。

     なお同一品種であっても、作期によって伸長時期はかなり異なることを上瀧らが明らかにしており、注意が必要である。

表Ⅳ-15-3 節間伸長過程による出穂前日数の診断(瀬古)
節間部位 伸長始期 伸長盛期 伸長終期
5 -32 -26 -20
4 -23 -18 -13
3 -16 -10 -04
2 -06 -01 +03
1 -01 +01 +03
注)始期は10%が、 終期は90%が伸長した時期

佐賀県農業試験研究センター